• ホーム
  • 芸能
  • 音声と顔を合成できる全く新しい動画合成サービスとは?

音声と顔を合成できる全く新しい動画合成サービスとは?

 ソフトバンクが、同社の音声合成ソリューション「Rizbell(リズベル)」と顔合成エンジンを利用した全く新しい動画合成サービス『MAGICWAN』をスタートさせた。Android版は既にリリースされており、満を持してiOS版もリリース。“作る”“投稿する”“贈る”という3つの楽しさ詰め込んだ同サービスの魅力とは? その全貌を紹介していこう。

【写真】その他の写真を見る


 SNSの爆発的な普及により誰でも手軽に動画を撮影しWEB上にアップすることが可能となったが、ただ撮影した動画をアップするだけではつまらないと感じているユーザーも少なくない。誰もが動画撮影できる時代だからこそ、ちょっとした“ひねり”や“遊び心”を付加要素として欲しているのだ。

 『MAGICWAN』は顔合成エンジンを利用し、本人はもちろん、家族や友達などの顔写真を合成して動画上にアップ。さらに、ソフトバンクが開発した『Rizbell』を利用して動画に音声を挿入することで、これまでにないオリジナリティ溢れる動画作成が可能になった。おもしろ・ドッキリ・恋愛などバリエーション豊富なテンプレートも魅力的で、中でもおススメは突如東京に現れた巨大猿のテンプレートムービー。元は一人の人間だった巨大猿が人間の頃の記憶を忘れて大暴れ。ふと、これまた大きなスマートフォンを悲しげに見つめる。そこには人間の頃の自分自身と愛する彼女との思い出のムービーが。思い出が蘇り苦しみだす、今後が気になるムービーとなっている。

このような楽しいシチュエーションを投稿し友達との共有、写真を組み合わせて家族や大切な人への贈り物として使ったり、自分が主人公になったようなドラマ仕立ての動画を1人で楽しむのにも最適だ。

 実は、『MAGICWAN』の先駆的なアプリが既にお隣韓国では定番となっている。動画コンテンツに顔写真を合成して楽しめるアプリ『顔テレビ for Kakao Talk』がそれだ。同アプリは開始1ヶ月半で20万人を突破し現在は50万人を超えている。やはり、スマホひとつで録画から顔合成まで楽しめるという利便性の高さがユーザーからも支持されているようだ。

 そんな先駆けアプリをさらに進化させ、新たなテンプレートを大量導入した『MAGICWAN』。さらに、音声合成技術『Rizbell』を搭載することにより、より肉声に近い音声にて言葉を加えることが可能になったことから、さらに用途の幅が広まったことは間違いない。今後、企業や地方自治体などと連携し、商品や観光地を紹介する映像などをテンプレートに加えて『町興し支援』なども展開していく予定だ。個々で楽しむだけでなく、『MAGICWAN』を駆使した新たなクリエーターの誕生にも期待してしまう。

⇒『MAGICWAN』サイトはコチラ

関連写真

  • “遊び心”いっぱいの動画合成サービス『MAGICWAN』
  • “遊び心”いっぱいの動画合成サービス『MAGICWAN』
  • “遊び心”いっぱいの動画合成サービス『MAGICWAN』
  • “遊び心”いっぱいの動画合成サービス『MAGICWAN』

オリコントピックス