• ホーム
  • スポーツ
  • 太田雄貴選手「一番変わったのはパワー」 世界選手権の勝因を自己分析

太田雄貴選手「一番変わったのはパワー」 世界選手権の勝因を自己分析

 フェンシング世界選手権で日本人初となる金メダルを獲得した太田雄貴選手が27日、都内で行われた『トレンドマイクロ株式会社』とのスポンサー契約締結会見に出席。祝福の声を受け「ありがとうございます」と微笑んだ太田選手は「日本人でもできるんだということを証明できたことを非常にうれしく思ってます」と誇らしげに胸を張った。

【写真】その他の写真を見る


 今大会を振り返って「一番変わったのはパワー。スピードで相手をねじ伏せるのが僕のプレイスタイルだったけど、自分が気持ちいいだけのプレイじゃ勝てないということに気づいた」といい「自分が変化するということに柔軟に対応できたのと、ディフェンスを強化できたのが勝因」と自己分析した。

 今回、セキュリティソフト『ウィルスバスター』などを提供している同社とスポンサー契約を結んだ太田選手は「非常にうれしく、光栄に思っています」と背筋を正し「フェンシングも相手の動きを予測して、先を見てディフェンスすることも重要」と関係性の強さをアピールしていた。




関連写真

  • 世界選手権の勝因を自己分析した太田雄貴選手 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)太田雄貴選手、エバ・チェン氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『トレンドマイクロ株式会社』スポンサー契約締結会見に出席した(左から)太田雄貴選手、エバ・チェン氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス