• ホーム
  • 映画
  • トム・クルーズ、曲がりくねった山道で全開ドリフト バイクアクション公開

トム・クルーズ、曲がりくねった山道で全開ドリフト バイクアクション公開

 米俳優トム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(8月7日公開)から、トム自身によるノースタントの超高速バイクアクションのメイキングシーンがネット上に公開されている。

 トムが演じる“不可能を可能にする”伝説のスパイ「イーサン・ハント」。公開されているのは、謎の女スパイ「イルサ」を超高速でチェイスするシーンのバイクアクション。標高差300メートルのアトラス山脈の曲がりくねる山道を敵の襲撃を受けながら猛スピードで駆け抜ける。

 このシーンももちろんトム・クルーズ自身によるノースタントで、しかもノーヘルメットで山道のカーブには車体を傾け疾走、敵のバイクによる体当たりなど過激なシーンを実際に撮影した。トムは「今回のバイクアクションはCGを使わず、自分で運転した。かなり過激なアクションだった。安全面は度外視し、全開でドリフトした」と語っている。

 クリストファー・マッカリー監督は「トムの素晴らしいところは、彼が自分の仕事をものすごく愛していて、すべて観客のためにやっているということだよ。とにかく彼は人を楽しませることが大好きなんだ。自分たちが五里霧中だ、という気持ちになっているときでも、トムは、『こんなことは初めてじゃないよ。今までにも何百万回も経験しているよ。だから大丈夫だ。絶対に大丈夫だよ』と言ってくれる。彼はまさに、映画制作マシンだよ」と称賛している。

 今回のミッションは…。イーサン・ハント率いるCIA特殊作戦部Impossible Mission Force(IMF)が、無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』スタントなし! トム・クルーズによる過激な超高速バイクアクションシーン(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ自身による上空1500メートル、時速400キロの飛行機スタントが話題(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

オリコントピックス