• ホーム
  • 音楽
  • 和楽器バンド、初武道館公演決定 初ライブから1年半「特別な一夜に」

和楽器バンド、初武道館公演決定 初ライブから1年半「特別な一夜に」

 詩吟、和楽器といった伝統芸能とロックを融合させた新感覚ロックバンド「和楽器バンド」が25日、自身初の全国ツアー『1st JAPAN TOUR』のチケット一般発売を開始し、即日完売させた。同時に、来年1月6日に自身初となる東京・日本武道館公演『和楽器バンド大新年会2016』の開催を発表。初ライブからわずか1年半で武道館公演を決めた。

 同バンドは、ボーカルで詩吟師範の鈴華ゆう子の「伝統芸能をよりポップに世界へ広げたい」という思いに7人のメンバーが共感し、2013年3月に結成。これまで開催したすべての単独ライブのチケットを即日完売させてきた。

 その独自性は海外でも受け、チケット争奪戦に。5月に台湾ATT SHOW BOXXで行われた2日間公演は2400枚のチケットが3分で完売、今月4日に米ロサンゼルスのCLUB NOKIAで行われた初の米国公演も2000枚が完売するなど、熱烈なファンを獲得している。

 『和楽器バンド大新年会』と銘打った新年ライブは、デビュー前の昨年1月31日に収容人数300人の東京・渋谷club asiaで初開催。これが初のワンマンライブとなった。2回目は今年1月7日に渋谷公会堂で開催され、2000人を動員。そして、結成から3年弱、初ライブから2年を待たずして、武道館公演が決定した。

 鈴華は「メンバー8人の夢がまた一つかないました。初の武道館公演は内容的にも誰もが満足できる特別な一夜にします!」と宣言。「来年の年明けはファンの皆さんと派手に新年を祝いたい」と意気込んだ。9月2日にはニューアルバム『八奏絵巻』が発売される。




オリコントピックス