東京五輪、エンブレムが初お披露目

 2020年に開催される東京五輪のシンボルマークとなる大会エンブレムが24日、東京都庁で開催された発表会で初お披露目された。

【写真】その他の写真を見る


  オリンピックエンブレムは「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の“T”を、パラリンピックエンブレムは、普遍的な平等の記号「=」をイメージしたデザイン。全ての人がお互いを認め合うことでひとつになれる。その和の力の象徴として誕生した。

 会には、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、舛添要一都知事、男子ハンマー投げの室伏広治選手、IOC副会長のジョン・コーツ氏、アンドリュー・パーソンズ副会長らが出席した。

 森喜朗会長は、お披露目を終えて「大会の準備に関わるすべての皆さんをひとつにまとめる旗印になる」とその出来栄えに満足げ。室伏選手は、エンブレムを背に「大切な節目。オールジャパンでオリンピックを成功させたい」と改めて決意を語っていた。



関連写真

  • 初お披露目された2020年東京五輪の(左から)オリンピック、パラリンピックのエンブレム (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪のオリンピックのエンブレム (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年東京五輪のパラリンピックのエンブレム (C)ORICON NewS inc.
  • 初お披露目された2020年東京五輪の(左から)オリンピック、パラリンピックのエンブレム (C)ORICON NewS inc.
  • 初お披露目された2020年東京五輪の(左から)オリンピック、パラリンピックのエンブレム (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス