• ホーム
  • 芸能
  • 「エヴァ」特別塗装の新幹線、今秋から新大阪―博多間で運行

「エヴァ」特別塗装の新幹線、今秋から新大阪―博多間で運行

 JR西日本は23日、今秋から2017年3月頃まで実施する『新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト』を発表した。山陽新幹線「こだま」の1編成に、人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の特別塗装を施した「500 TYPE EVA」を新大阪―博多間で運行する。

【写真】その他の写真を見る


 山陽新幹線の全線開業40周年と『エヴァ』のテレビアニメ放送20周年を記念した企画。「500 TYPE EVA」は、「エヴァンゲリオン」シリーズの原作・総監督である野秀明氏の監修と、メカニックデザイナーである山下いくと氏の車両デザインによるもの。

 紫色を基調にした車両デザインについて山下氏は「500系は新幹線の中でも群を抜いて格好良い車輛だと思います。ここまで夢を乗せられる車輛はリニア時代になっても当分出ない気がします。なので、エヴァ的カラーリングにするとともに元のデザインを生かして未来からやってきた500系みたいにできたらいいな」と説明。

 庵野氏は「500系は夢の超特急らしい直球なかっこよさが詰まった、いちばん好きな新幹線車両です。この車両とエヴァンゲリオンがコラボさせていただけるとは、とても光栄で感謝の極みです」とコメントしている。

 車内では、乗車中に「エヴァンゲリオン」の世界観をテーマにしたコンテンツが楽しめ、プロジェクト期間中は記念グッズの販売も行われる。

 運転は、博多午前6時36分発「こだま730号」新大阪行き(午前11時14分着)、新大阪午前11時32分発「こだま741号」博多行き(午後4時7分着)。運行開始日など詳細は後日、発表される。

■スペシャルサイト
URL:http://www.500type-eva.jp/



関連写真

  • 山陽新幹線の全線開業40周年と『エヴァ』のテレビアニメ放送20周年を記念して『新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト』を実施
  • 庵野秀明氏が監修、メカニックデザイナー・山下いくと氏が車両デザインを手がけた「500 TYPE EVA」(外観)
  • 山陽新幹線「こだま」の1編成をエヴァンゲリオン特別塗装に
  • 山陽新幹線の全線開業40周年と『エヴァ』のテレビアニメ放送20周年を記念して『新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト』を実施

オリコントピックス