• ホーム
  • 芸能
  • 小塚崇彦選手と大島由香里アナが婚約発表 来年入籍予定

小塚崇彦選手と大島由香里アナが婚約発表 来年入籍予定

 トヨタ自動車所属のフィギュアスケート男子の小塚崇彦選手(26)とフジテレビの大島由香里アナウンサー(31)が婚約したことを23日、発表した。入籍は来年を予定。挙式・披露宴については未定とし、大島アナは今まで通り仕事を続けていく。

 この日、トヨタ自動車とフジテレビが連名でFAXを通じて婚約を発表。小塚選手は「現役スケーターということで、彼女に不安を与えたり心配な気持ちにさせたりすることもあるとは思いますが、より一層責任感を持ち、仕事に取り組んでいきたいと思います」とコメント。

 大島アナは「これからも仕事に邁進し、支えて下さった多くの方々に少しでも恩返しができるよう、お互いに成長してまいりたいと思っています。今後とも、温かく見守りご指導いただければ幸いです」と呼びかけている。

◇以下、二人のコメント全文

【小塚崇彦】
「2010年のバンクーバー五輪帰国後の先輩たちとの食事会で知り合いました。それから3年後、股関節の怪我によるスランプで辛かった時期を支えてもらい、また、話をしているだけで焦る気持ちも消え『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました。その後もそれぞれの立場で切磋琢磨しあい、私にとって忘れることのできない全日本選手権を共に2度経験してくれたことが、今回の婚約を決断する大きなキッカケとなりました。現役スケーターということで、彼女に不安を与えたり心配な気持ちにさせたりすることもあるとは思いますが、より一層責任感を持ち、仕事に取り組んでいきたいと思います」

【大島由香里】
「氷上で魅せる通りのまっすぐで純粋なところ、日本を背負って戦う姿を尊敬しています。どんな経験を通しても喜怒哀楽を心から共有でき、私の知らない世界を次々と見せてくれる人です。これからも仕事に邁進し、支えて下さった多くの方々に少しでも恩返しができるよう、お互いに成長してまいりたいと思っています。今後とも、温かく見守りご指導いただければ幸いです」

 二人は2010年のバンクーバー五輪で出会い、友人から恋人へと発展。13年には小塚がブログを通じて大島アナを「僕にとって良き理解者の一人です」と紹介していた。



オリコントピックス