• ホーム
  • 芸能
  • 団長安田、事故当時「目見開き痙攣」 ブログで状況説明

団長安田、事故当時「目見開き痙攣」 ブログで状況説明

 19日に参加したトライアスロン大会で自転車走行中に転倒し、失神するほどの負傷を負ったお笑いトリオ・安田大サーカス団長安田(41)が22日、自身のブログを更新。ヘルメットの重要性を明かすとともに、救護にあたった救急隊員、病院関係者に感謝した。

 「練習もして今までのタイムを上回らないとと思い出場させて頂きました!!」とトライアスロンの写真を添え当日の状況を振り返った安田。バイク残り15キロ程の所で落車したことを明かすと「自分では覚えてないのですが落車後 目を見開き痙攣(けいれん)していたようです」と説明した。

 その後、救急車そしてドクターヘリで病院へ行き集中治療室へ。病院では「お話はしているものの記憶がぶつ切れな感じでトイレに行くのもやっとな感じ」と明かし「目をつむるとグルグル回るし食事も取れない。2日立ってやっと食事が出来るようになりました」と報告した。

 続けて「ほんと大会の主催者の方やスタッフの方々同じレースに出場していたトライアスリートの方々地元の応援して頂いた方々にご迷惑をおかけしてしまいすみませんでした!!」と謝罪し「救護に当たってくれた救急隊員の方病院の方々のおかげで命に別状なくすみましたほんとありがとうございます」と感謝した。

 事故当時ヘルメットを着用していたが「ヘルメットをかぶっていなかったらどうなってたやろ?と思うとゾーとします ほんとヘルメットに命を救われたんやなー」と傷ついたヘルメットの写真を添え「皆さんヘルメットの力は偉大です!! レース以外でも装着する事をオススメします」と呼びかけ。

 最後は「トライアスロン ロードバイクが危険というイメージがつく事に心苦しいですが危険も隣合わせですがほんと楽しい素敵な素晴らしいスポーツなのでご理解してほしいです!!」と伝えると「1ヶ月はスポーツ禁止なのでつらいですが!! 復活したら皆さん応援宜しくお願いします!!」とブログを結んだ。



オリコントピックス