• ホーム
  • 音楽
  • 若旦那、大型フェス『FREEDOM aozora 2015』は「人生三本柱の一つ」

若旦那、大型フェス『FREEDOM aozora 2015』は「人生三本柱の一つ」

 シンガー・ソングライターのMINMIが発起人となって2009年にスタートし、今年も開催される大型フェス『FREEDOM aozora 2015』。実行委員長としてプロデュースの先頭に立つ歌手の若旦那(from湘南乃風)は、このほどORICON STYLEのインタビューに応じ、同フェスへの思いを語った。

 東北・淡路・九州それぞれの大自然に囲まれた最高のロケーションで展開される同フェスで、若旦那はステージパフォーマンスはもちろんのこと、会場設営や提供される料理など、多岐にわたってプロデュースしている。

 「このフェスは、人生の三本柱の一つ」と真剣な表情で話す若旦那。「1年間、これのために過ごしてると言っても過言ではない」と言葉に力を込めつつ「その分、プレッシャーはすごいですよ」と本音も吐露した。

 緊張感とモチベーションを保ちながら臨む分、終わった後の達成感は格別だという。しかし「打ち上げのときには、もう来年どうするか話していますね」と常に向上心を持ち続けることが継続の秘訣といい、歌手人生の最後までフェスをやりたいかと投げかけると「もうやりきったと思ったらゴールなのかも」と笑って答えた。

 MINMIの「家族で楽しめるフェスを作りたい」という思いを受け、会場には授乳室、託児所、ファミリーエリアなども完備。フェスといえば、熱狂的なファンたちが炎天下の中、激しく盛り上がるイメージが強いが「ステージから少し離れればゆっくり観れるし、全員に楽しんでもらえるような工夫はしている」と自信をにじませた。

 出場するアーティスト選びにも余念がない。選考の際は「人気だけじゃなく魂があるかどうか選びました」といい、加藤ミリヤ、10-FEETら豪華な顔ぶれがそろった。アーティスト表を眺めながら若旦那は「よく集まったなって思いますね。最強の布陣です」とホクホク顔だった。

 8月5日には、4thアルバム『WAKADANNA 4 〜男はつらいぜ、泣いてたまるか〜』をリリース。新アルバムを引っさげ、若旦那が今年の夏をさらに“熱く”する。

 日程は以下のとおり。

■『FREEDOM aozora 2015 東北』
8/22(土)宮城・国営みちのく杜の湖畔公園北地区 風の草原(宮城県川崎町)

■『FREEDOM aozora 2015 淡路島』
8/29(土)・30(日)兵庫・淡路島国営明石海峡公園芝生広場

■『FREEDOM aozora 2015 九州』
9/5(土)宮崎・みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎 多目的広場



オリコントピックス