• ホーム
  • 映画
  • 黒木瞳、映画監督に初挑戦「身に余る光栄」 ベストセラー小説『嫌な女』を映画化

黒木瞳、映画監督に初挑戦「身に余る光栄」 ベストセラー小説『嫌な女』を映画化

 女優の黒木瞳が映画監督に初挑戦することが22日、わかった。作家・桂望実氏のベストセラー小説『嫌な女』(光文社文庫刊)を映画化する。黒木は「ずっと映画作品に出演させていただいている私が、監督をしようと決めたのはいうまでもない。この小説に出会ったから。監督をさせていただくことは身に余る光栄。とはいえ、今やクランクインを前に極度の緊張感に包まれている」とコメントしている。キャストは未発表で、脚本はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などを手がけた西田征史氏。撮影は8月1日からスタートし、公開は2016年予定。

 黒木が惚れ込んで映画化を熱望した原作は、天性の詐欺師・小谷夏子と真面目一徹の弁護士・石田徹子という対照的なふたりの女性が主人公。初対面の相手でもすぐに懐に入っていき、惚れさせた男から金を引き出すトラブルを起こす夏子と、その解決に引っ張り出され振り回される徹子。そんなふたりの人生を鮮やかに描き出す、大人の女性のための感動物語。

 プロデューサーの福島大輔氏は、今回の黒木の挑戦について「日本を代表する女優である黒木瞳さんから『映画を撮りたい』と聞いたときには、正直とても驚きました。まずはビックリし、次にその勇気に感動を覚え、最後にはとてもワクワクしました。女優が女優を撮る。これはとんでもなくおもしろいことになるのではないかと。黒木監督と打ち合わせを重ねるごとに、監督の熱い想いを聞くごとに、その確信は強まっていきました」とコメントしている。

 黒木のコメント全文は以下の通り。

【黒木瞳コメント】
 映画『風と共に去りぬ』を観て、あのスクリーンのなかに入りたいと思った10代の頃。そして、20代でそのなかに入った。映画の世界は、すぐに私を虜にさせた。それからずっと映画作品に出演させていただいている私が、監督をしようと決めたのは、いうまでもない。
 『嫌な女』という小説に出会ったからだ。
 主人公、徹子と夏子を通して見えてくる人生の風景、人と人との絆、そして、誰にでも訪れる老い。それでも、“人生捨てたもんじゃない”と思わせてくれる爽やかな読後感を、私は映画『嫌な女』で感じたいと思ったのだ。
 監督をさせていただくことは、身に余る光栄だ。とはいえ、今やクランクインを前に、私は極度の緊張感に包まれている。演者とは全く違う景色が、私をどう衝き動かすのか楽しみにしているのと同時に、これから訪れる私の未知なる日々がスタッフ、出演者にとっては最高の日々になるようにと、今はそれだけを願っている。



関連写真

  • 原作に惚れ込んで『嫌な女』映画化を熱望した黒木瞳
  • 作家・桂望実氏のベストセラー小説『嫌な女』(光文社文庫刊)

オリコントピックス