• ホーム
  • 映画
  • ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』米国で大ヒットの理由は「親近感」

ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』米国で大ヒットの理由は「親近感」

■『ダークナイト』『バットマン』につながる「親近感」

 ゴッサム・シティの名士だった両親を何者かに銃殺されてしまうブルース・ウェイン。演じるのは、2001年生まれのデヴィッド・マズーズだ。彼は、12年に出演した『TOUCH/タッチ』でキーファー・サザーランドの息子役を演じ、その演技力が絶賛されたが、今作でも悲しみを背負った少年を好演している。

 ブルースの親代わりとして、ウェイン家に仕える忠実な執事アルフレッド・ペニーワースを演じるショーン・パートウィーは、「ノーラン監督の『ダークナイト』3部作で、20年後のウェインとアルフレッドをクリスチャン・ベールとマイケル・ケインが見せてくれたけど、そこにたどり着くまでに2人に何があったのか、どういう経験を共にしてきたのか、それを演じられるのが醍醐味です」と語った。

 また、全米での人気を「グリム童話のようなファンタジーと、ザラザラした手触りを感じるリアリティーのちょうど間くらいにあるのがゴッサム・シティなんだ。その中でオペラ的な壮大さをもって悪に立ち向かう正義の味方がいる。そういう世界観は『バットマン』そのもの。そこに、とても親近感が持てるからこそ、このドラマは成功しているんだと思う」と分析してくれた。

 今月22日からワーナー・ホームエンターテイメントよりDVD/デジタルレンタルもスタートし、手軽に観られるようになったことで、日本での人気もさらに加速しそうだ。なお、全話収録の『GOTHAM/ゴッサム <ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス』は9月9日発売。海外ドラマチャンネル「AXN」でも放送中。


■DVDレンタルスケジュール
7月22日よりVol.1〜4(各巻2話収録)
8月12日よりVol.5〜8(各巻2話収録)
9月9日よりVol.9~11(各巻2 話収録)
▼デジタルレンタル
順次配信開始

⇒【前半】主役は生身のリアルヒーロー、ゴードン刑事

関連写真

  • 6月に『GOTHAM/ゴッサム』のプロモーションで来日したベン・マッケンジー(左)とショーン・パートウィー(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 7月22日からワーナー・ホームエンターテイメントよりDVD/デジタルレンタルがスタート(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

オリコントピックス