• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・櫻井&大野、NEWS加藤が対談 報道・芸術・作家…両立と葛藤語る

嵐・櫻井&大野、NEWS加藤が対談 報道・芸術・作家…両立と葛藤語る

 櫻井翔(33)、大野智(34)、そして後輩にあたるNEWS加藤シゲアキ(27)が30日放送の日本テレビ系『ZEROカルチャースピンオフ アイドルの今、コレカラ』(深夜0:59※関東ローカル)で対談を果たした。アイドル業とは別にキャスター、アーティスト、作家の顔を持つ3人がそのやりがいと苦悩について本音トークを展開する。

 2006年よりキャスターとして活躍する櫻井、世界的アーティスト・草間彌生に認められ芸術の世界で存在感を示す大野。そして、処女作『ピンクとグレー』がいきなりの20万部を突破し、4作目の新作を発表するなど作家業にも邁進する加藤。次の社会を担う世代であり、アイドルであり、自分の世界を持つ3人が語り合う。

 3人は普段よりリラックスした衣装で、海の見えるホテルの一室に集合。“オフ”モードの3人がアイドルとは違うもうひとつの“オン”である仕事について、考えを明かす。なぜその一面を持つのか、アイドル業との両立方法とは一体…。嵐やNEWSの未来、30代・40代を迎えるにあたって考えていること。理想のアイドル像など、これからについても展望していく。

 対談を終え、大野は「翔ちゃんの報道番組への向き合い方は、15年以上一緒にいますが、ここまで深く聞いたことがなかったし、シゲ(加藤)もとても悩んでいたことを改めて聞けて刺激的な時間となりました」と充実の表情で「もっと櫻井キャスターに注目します! そして普段あまり本を読みませんが、シゲの最新作を読もうと思います」と約束。

 櫻井は「加藤はもちろんのこと、嵐のメンバーである大野からも初めて聞く話が沢山あり、収録があっという間に感じました」と語り「30分の報道時間では収まらないのではないかと思うほど濃密な時間でした」と満足げ。

 先輩と改めて向き合った加藤は「ほかでは聞けない話が満載で、ぶっちゃけた内容も多々あり、一後輩として大変刺激になりました」と背筋を正し「視聴者の方々にも、この番組が何かいい刺激になれば」と期待を込めていた。



オリコントピックス