• ホーム
  • 映画
  • 松坂桃李、役作りで美意識高める オカマ役で「女心を取り入れた」

松坂桃李、役作りで美意識高める オカマ役で「女心を取り入れた」

 俳優の松坂桃李が22日、都内で行われた映画『ピースオブケイク』(9月5日公開)完成披露プレミア上映会に出席した。同映画でオカマ役に挑戦した松坂は、役作りについて「美意識をとにかく高めました」といい、「この役をいただいた日にエステ行って、美肌パックを大量に買い込んで、爪も磨いたり。とにかく少しでも女心を自分の中で取り入れた」と恥ずかしそうに明かした。

【写真】その他の写真を見る


 松坂のオカマ役の感想を求められた多部未華子は、「素敵でしたよ。すごくリアリティのあるオカマだった。女友だち感覚で、本当にこういう人がいたらいいなと思った」と絶賛。共演の木村文乃も「男性と思わず話ができた」と語ると、松坂は「それ喜んでいいの?」と戸惑っていた。

 原作はジョージ朝倉氏が2003年から08年に『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載した同名人気漫画。恋愛に依存し、流されるままに男性を受け入れる“ダメ女”の主人公・志乃を多部、志乃に惹かれる京志郎を綾野剛が演じる。

 多部と初共演となった綾野は「非常に気持ちのいい方。やりきるし、物おじしないし、感情でぶつかってきてくれる。志乃像がしっかりみえた。大変助かりました」。多部も「いろんな意味で体当たりのシーンが多かったので、最初からウェルカムの状態でいてくれた」と撮影を振り返った。

 イベントには、木村文乃、光宗薫菅田将暉柄本佑峯田和伸銀杏BOYZ)、田口トモロヲ監督も登壇した。



関連写真

  • オカマ役に挑戦した松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)木村文乃、綾野剛、多部未華子、松坂桃李、(後列左から)田口トモロヲ監督、柄本佑、光宗薫、菅田将暉、峯田和伸 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した多部未華子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した多部未華子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した光宗薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した光宗薫 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した(左から)綾野剛、木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した柄本佑 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した木村文乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ピースオブケイク』完成披露プレミア上映会に出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス