“失言ゴルファー”丸山茂樹、自身の黒歴史に涙

 8月3日放送のテレビ朝日系バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間SP』(後7:00〜8:54※一部地域では放送時間が異なる)に、プロゴルファーの丸山茂樹がしくじり先生として登壇することがわかった。“マルちゃん”の愛称で知られる丸山が、“日本プロゴルフ界初、暴言で罰金取られちゃった先生”として、「思ったことをすぐに口に出して、変な空気にしないための授業」を行う。

 丸山は、日本国内ツアー10勝、米国PGAツアー3勝(日本人最多)、2002年世界ゴルフ選手権優勝(日本人45年ぶりの勝利)、同年全英オープン5位、04年全米オープン4位など、プロゴルファーとして輝かしい成績を残してきた。02年には『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー』を受賞し、さわやかな笑顔の印象も強い。

そんな、丸山がやらかしてしまったしくじりは、1997年、とある大会に出場したときのこと。思ったようなプレーができないことにいらだった末、とんでもない暴言を吐いてしまったという。日本のゴルフ界に汚名を残すことになった、その暴言とはいったい…!?

 丸山は「思ったことをすぐに口に出してしまう」自分の性格に問題があったからだと自己分析。マルちゃんスマイルの陰で数々の暴言により、人間関係を多々、壊してきたのだと明かす。授業では、自らのしくじり発言遍歴を振り返り、その数の多さと内容で教室を震撼させる。

 プロデビューから8年後の2000年より米ツアーに本格参戦した丸山だが、渡米してからも暴言は止まず、08年に帰国してからバラエティー番組での発言で妻を激怒させたり、世間から大バッシングを受けた事実も打ち明ける。最後は自らのしくじりを踏まえて、若いアスリートたちへ、涙ながらに力強いメッセージを伝える。



関連写真

  • “マルちゃん”スマイルの陰で繰り返された暴言の黒歴史を激白するプロゴルファーの丸山茂樹(C)テレビ朝日
  • レギュラーの若林正恭(オードリー)、吉村崇(平成ノブシコブシ)ほか、足立梨花、澤部佑(ハライチ)、関根勤、東尾理子、山村紅葉、遼河はるひが出演(C)テレビ朝日

オリコントピックス