• ホーム
  • 芸能
  • ポリープで療養中のMay’n復活へ “緊急生出演”で復帰後初の肉声

ポリープで療養中のMay’n復活へ “緊急生出演”で復帰後初の肉声

 両側声帯ポリープと診断され、長期療養中だった歌手のMay’nが26日午後3時に、東京、大阪、名古屋の大型ビジョンに“復活緊急生出演”することが21日、わかった。当日はMay’nがファンへ向けたメッセージや、今年6月1日にデビュー10周年を迎えたことに対する心境などを復帰後初の肉声で届ける。

 これに伴い7月21日から24日の期間で東京・新宿東口駅前にある新宿ステーションスクエアに「May’n復活」の巨大看板の登場も決定。所属事務所によると、現在は順調に回復をしており、レギュラー番組は8月より随時復帰。8月26日開催のデビュー10周年を記念した東京・日本武道館コンサートが復帰後初のライブになるという。

 また、生出演当日の26日はツイッターで「May’n復活祭」と題し、当日限定の企画を実施。生出演中の街頭ビジョンを撮影した写真とハッシュタグ「#mayn復活」をタグ付けして、May’nへの復帰祝い応援メッセージを募集。投稿者から抽選で10名にサイン入りポスターのプレゼントも予定している。

 なお、May’nが“復活緊急生出演”する東京、大阪、名古屋の大型ビジョンはそれぞれ、新宿アルタビジョン、大阪道頓堀トンボリステーションサウス、名古屋錦インタービジョンとなる。

 May’nは数年前からのどに違和感があり、病院で声帯にポリープがあると診断されたが、それほど影響もないため医師と相談しながら活動を続けてきた。しかし、ここ最近は状況が思わしくなく、今年4月下旬に「両側声帯ポリープ」と診断されたため、今後の悪化の可能性も懸念し開催中だったツアーの中止を発表。5月16日から療養していた。



オリコントピックス