• ホーム
  • 芸能
  • 又吉直樹、『芥川賞』受賞後初ライブ「今後も変わらず、劇場に立ちたい」

又吉直樹、『芥川賞』受賞後初ライブ「今後も変わらず、劇場に立ちたい」

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹が19日、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場で行われた『週末ネタライブ』登場し、16日の『第153回芥川賞』受賞後初めて、相方・綾部祐二とともにコンビで劇場の舞台に立った。

 午後0時半から行われたライブ前、「芥川賞を受賞したピース・又吉が出まーす!」と呼び込みがかけられ、客席はぎっしり満員。トップバッターのバイク川崎バイクがネタを披露後、ピースは2番手で登場。観客から大歓声と拍手で迎えられると、綾部が「どうも、芥川賞です!」とボケて、笑いを誘った。

 続けて綾部は「大先生をお呼びしましたよ〜。又吉先生です!」と紹介。より一層大きな拍手で迎えられた又吉は「今後も変わらず、劇場に立ちたいと思いますのでよろしくお願いします」とあいさつ。突然「いつものヤツいきますか!」と意気込んだ又吉は、「世界を明るく照らすには、一人ひとりの笑顔から、ピース!」とVサイン。きょとんとする綾部は「そんなのやったことないよ!」とツッコミを入れ、場内は爆笑に包まれた。

 又吉から「僕が受賞していた瞬間、何をしてたんですか?」と質問された綾部は「朝、(芥川賞)発表前におばけ屋敷のPRと記者会見をして、TBCで脱毛して、もう1つおばけ屋敷のPRがあったんだよ」と説明。お化け屋敷に入る瞬間にスタッフから「又吉さん、獲りましたよ!」と聞かされ、振り向きながら「ウソー!?」と言いながら入って行ったと明かし、又吉は「感情、むちゃくちゃになりますやん」と笑っていた。

 観客に芥川賞受賞作の「火花」を読んだ人と呼びかけると、挙手はまばら。又吉は「こんなにも読まれてないとは(笑)。出て来たときの歓迎の拍手にむちゃくちゃ感動して、もうちょっとで泣きそうになったんですけど」と苦笑い。「でも、こうやって喜んでもらえて、劇場に来ていただけるのが本当にうれしいです。これからもよろしくお願いいたします!」と気持ちを新たにしていた。

 ピースはこのあと同所で行われる『本公演 2回目』『〜3回目』『爆ハリ!』にも出演する。



関連写真

  • 又吉直樹(左)が『芥川賞』受賞後初ライブを行ったピース
  • 『芥川賞』受賞時の裏話も披露(左から又吉直樹、綾部祐二)

オリコントピックス