• ホーム
  • 映画
  • 木村拓哉、『HERO』に「サブタイトルは必要ない」

木村拓哉、『HERO』に「サブタイトルは必要ない」

 人気グループ・SMAP木村拓哉が18日、都内で行われた映画『HERO』初日舞台あいさつに出席。2001年のテレビシリーズ開始時から一切タイトルを変更せず続けてきた同シリーズについて「ブレずにやり続けてきたのでサブタイトルは必要ない」と自信をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 木村は「14年前、2001年にテレビシリーズから今日に至るまで一切タイトルの変更はしていないです。それだけ物語のなかに出てくる皆さんが一切ブレずにやり続けてきたということだと思う」と力説し、タイトルに込められている思いについて「特定の人がHEROということではなく、その場に存在する人、今日で言ったら壇上のみんなや客席に座っている方もその一人だと僕は考えています」と話していた。

 舞台あいさつではそのほか、キャストのなかで誰が“ドS”かをトーク。一番多く票を集めた木村は、撮影中に焦っていた北川景子に対し「ジタバタしてんじゃねーよ」と言い放ったエピソードを披露し「『テラ級ドSだから黙っておけ』って言いました」と笑っていた。

 同作は、ヒットドラマの劇場版第2弾。個性的な検事・久利生公平が、某国大使館の関与が疑われる女性不審死の真相解明に挑んでいく。そのほか、北川、杉本哲太濱田岳正名僕蔵吉田羊松重豊八嶋智人小日向文世角野卓造、鈴木雅之監督が出席した。



関連写真

  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した八嶋智人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した角野卓造 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した杉本哲太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した濱田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した松重豊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した正名僕蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HERO』初日舞台あいさつに出席した(左から)北川景子、濱田岳、小日向文世、松重豊、角野卓造 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス