• ホーム
  • 芸能
  • SPドラマ『洞窟おじさん』7・20放送 中村蒼「ビジュアル的にすごい」

SPドラマ『洞窟おじさん』7・20放送 中村蒼「ビジュアル的にすごい」

 タレントのリリー・フランキーと俳優の中村蒼が、43年間のサバイバル生活を生き抜いた通称“洞窟おじさん”の現在と青年期を演じるNHK・BSプレミアムのドラマ『洞窟おじさん』が7月20日(後9:00〜10:59)に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、加村一馬氏の『洞窟オジさん 荒野の43年』。山中の洞窟でたった一人で生き抜いてきた男が57歳で発見されるまでを追った物語で、ヘビやネズミで食いつないでいた主人公が、生きるためにイノシシ狩りや山菜や蘭を売る知恵を身につけ、やがて知り合ったホームレスから文字や女性の魅力を学んでいく。

 劇中で伸び切ったぼさぼさの長髪、土で汚れ茶色がかった顔、イノシシの毛皮を身につけた野性児姿の中村は「ビジュアル的にもすごい役です。こういう格好をさせていただくのは、もしかしたらあとにもさきにも、この機会だけなのかもしれないと、楽しみながらやらせてもらいました」とコメント。

 現場では「加山一馬という壮絶な人生を送ってきた青年を、どのように演じていこうかと、みんなで話し合いながら撮影をしました」と振り返り「その時間がとても楽しく、充実した撮影期間を送ることができました」と語っている。



関連写真

  • BSプレミアムドラマ『洞窟おじさん』でサバイバル男を熱演する中村蒼(C)NHK
  • BSプレミアムドラマ『洞窟おじさん』でサバイバル男を熱演する中村蒼(C)NHK

オリコントピックス