• ホーム
  • 芸能
  • フジ『みんなのKEIBA』 マルチチャンネルでパドック中継

フジ『みんなのKEIBA』 マルチチャンネルでパドック中継

 日曜にフジテレビ系で生放送している競馬中継『みんなのKEIBA』(毎週日曜 後3:00〜4:00)。19日は、北海道・函館で開催される「函館記念」(GIII)がメーンの放送となるが、この日の放送で“競馬中継”史上初のマルチチャンネル放送を試験的に実施することになった(今後の実施予定は未定)。

 マルチチャンネル放送を行うのは、放送開始の午後3時から3時24分までの冒頭24分間の予定で、メーンチャンネルでは通常のスタジオ部分を、サブチャンネルでは「函館記念」のパドックから本馬場入場の様子を放送する。

 「東京メトロポリタンテレビジョン」(TOKYO MX)では東京シティ競馬中継、「千葉テレビ」(チバテレ)では船橋競馬中継で、それぞれマルチチャンネル放送を実施しているが、今回のようにメーンチャンネルとサブチャンネルの両方で競馬中継を実施するのは史上初の試み。また、同番組は、「仙台放送」(OX)、「テレビ静岡」(SUT)などでも放送されているが、マルチチャンネル放送を実施するのはフジテレビのみとなる。

 サブチャンネルの解説には、GI通算14勝、スペシャルウィークで「日本ダービー」を制した実績を持つ元調教師の白井寿昭氏、動物評論家の三上昇氏が出演。実況は、同局の福永一茂アナウンサーが担当する。

 サブチャンネルでは、パドック、本馬場入場、返し馬などの映像をベースに、白井氏がプロのホースマンの視点から、三上氏が動物学的な見地から各馬の状態や特徴を解説していく。特に、発汗の様子、歩き方、しぐさなどから、各馬の調子を見極める三上氏の解説は、サブチャンネルならではの企画となっている。

 メーンチャンネルでは、通常通り、「シンガポールターフクラブ賞」(中京10レース)、「鶴ヶ城特別」(福島10レース)の模様などを放送する。



タグ

オリコントピックス