• ホーム
  • 映画
  • 斎藤工、チケットもぎりに開眼「天職を見つけた」

斎藤工、チケットもぎりに開眼「天職を見つけた」

 俳優の斎藤工が17日、都内で行われた映画『リアル鬼ごっこ』舞台あいさつイベントに出席。観客のチケットもぎりを人生で初めて体験し「淡々とした作業が質に合う。天職を見つけたので、職業の変更を考えています。もぎり兼俳優の斎藤工です」と満足げな笑みを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 スムーズにもぎりを行った斎藤は「僕は手の湿度が高めなので、僕と似た方の場合は円滑に剥がす作業ができた」と声を弾ませ、「映画館で働くのが夢だった」と感激。「映画ってデジタルな世界にいるようでアナログ。こうして作り手の一人が手渡しするのに近いものにこれからの時代、なっていくんじゃないかな」と映画好きらしい感想を語っていた。

 同作は、山田悠介氏の同名ベストセラー小説を園子温監督のオリジナル脚本で映画化。トリンドル玲奈篠田麻里子真野恵里菜がトリプルヒロインを務め、女子高生を標的として捕まったら命を落とす死のゲームを描く。斎藤は、4時間半に及ぶ特殊メイクで“老爺”役と男子高校生役の2役で出演している。



関連写真

  • チケットもぎりを初めて体験した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リアル鬼ごっこ』舞台あいさつイベントに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リアル鬼ごっこ』舞台あいさつイベントに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • チケットもぎりを初めて体験した斎藤工=映画『リアル鬼ごっこ』舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス