• ホーム
  • 芸能
  • 桐谷美玲、Netflixとフジテレビの初制作ドラマに主演

桐谷美玲、Netflixとフジテレビの初制作ドラマに主演

 今秋に日本市場に参入する世界最大の有料動画配信ネットワーク・Netflix(ネットフリックス)が、フジテレビと共同制作するオリジナルコンテンツの連続ドラマ『アンダーウェア』(全13話)に、女優の桐谷美玲が主演することが14日、わかった。同作は世界配信が決定しており、米映画サイトが選ぶ「世界でもっとも美しい顔100人」2014年版で8位に選ばれた桐谷は、まさに適任。「プレッシャーもありますが、日本のドラマの面白さをたくさんの方に伝えられればと、スタッフ・キャスト一丸となって撮影しています!」と張り切っている。

 世界50ヶ国で会員数約6200万人を誇るNetflixは、マーベル・コミック原作のヒーロードラマ『デアデビル』や、『マトリックス』シリーズを手がけたウォシャウスキー姉弟監督によるSFドラマ『センス8』など、数々のオリジナルドラマを制作・配信。そのクオリティーの高さは、世界中から評価されている。

 そんな作品と肩を並べて世界配信される『アンダーウェア』の関口大輔プロデューサーは「日本ドラマの良いエッセンスを抽出し、世界の視聴者に受け入れられるドラマを目指しています。素晴らしいキャストとスタッフを迎え、アメリカのドラマのような先の読めない展開や美しい映像を意識して制作しています」と意気込んでいる。また、桐谷の起用理由について「日本の素晴らしさを伝えたい、日本人の美しさを伝えたいと強く感じました。この思いを演技で体現できるのは桐谷美玲さんしかいないと思った」と説明した。

 同作は、東京・銀座の高級下着メーカーに就職した田舎娘で繊維オタクの繭子(桐谷)が、これまで自分が接したことがない価値観に戸惑い悩みながらも、周りに助けられ成長していき、ジャパニーズドリームを実現していく物語。桐谷は「女性にとって身近な存在であるランジェリーの世界を繊細に美しく、オシャレに描いていて、台本を読めば読むほどワクワクしました」と心を躍らせている。

 脚本は『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』などを手がけた安達奈緒子氏が執筆。華やかな世界の裏に隠された女性たちの本音を描き出す。女性下着メーカーのTriumph(トリンプ)の全面協力のもと、ランジェリー業界の裏側や、女性が気になる下着についてのトリビアも満載し、今秋、Netflixにて独占プレミア配信される。



オリコントピックス