• ホーム
  • 音楽
  • 高見沢俊彦、THE ALFEEは40年間解散の危機なし「“古希バンド”目指す」

高見沢俊彦、THE ALFEEは40年間解散の危機なし「“古希バンド”目指す」

 ロックバンドTHE ALFEE高見沢俊彦が、Takamiy名義のソロシングル「誘惑の太陽」を発売。昨年デビュー40周年を迎え、これまで解散や活動休止をすることなく、第一線で活躍してきたTHE ALFEE。シングルが49作連続でベスト10入りするなど、数々の記録を作ってきた。このたび、ORICON STYLEのインタビューに応じた高見沢が、ソロ活動をはじめ、THE ALFEEへの想いやバンドを長く続ける秘訣について語った。

◆3人とも健康に留意して頑張っているわけです(笑)

――高見沢さんにとってソロとバンド(THE ALFEE)の活動の違いは?
【高見沢】 一番の違いは、横に坂崎や桜井がいないこと。THE ALFEEは長年、3人でやっているから、故郷みたいな感覚でラクなんですよ。何をしても大丈夫というか、ちょっと僕がつまずいても、2人が修正してくれるし、逆に僕が修正することもある。でもソロの場合は自分で全部やらないといけないから、違う緊張感があるし、いい意味で刺激になる。僕はTHE ALFEEのクリエーターを担っているから、クリエーターとしての自分が刺激を受けるってことは、THE ALFEEのためにもなる。少しでも長くTHE ALFEEをやりたいですからね。

――あくまで母体はTHE ALFEEなんですね。
【高見沢】 THE ALFEEが基本であり、一番大事だからね。僕らは一度も休むことなく、ツアーも41年間やってきて、あと9年頑張れば前代未聞の“古希バンド”になれるわけですよ。そこを目指すためにも、THE ALFEEの動きを止めることはできない。だから3人とも健康に留意して頑張っているわけです(笑)。

――メンバーの誰かがソロをやると、「解散か?」って噂も出たりしますが、THE ALFEEに限ってそれはないんですね。
【高見沢】 ない! と断言できます。ソロは1〜2ヶ月で充分(笑)。僕的に使命感に燃えるのは、やっぱりTHE ALFEEでツアーをやることだから、やれる限り続けて行きますよ。

◆バンドが長続きする秘訣は、次男坊同士だからかもしれない

――先ほど、THE ALFEEは“故郷”のようなものと言っていましたが、そうなると坂崎(幸之助)さんと桜井(賢)さんは、家族ってことになるんですかね?
【高見沢】 家族……って言うと、ちょっと気持ち悪いけど(笑)、なんだろうねぇ。血の繋がってない兄弟というか、一番長くいる仲間、同志かな。でも、そう考えたら不思議な関係だよね。音楽を通じて出会ったけど、昔から3人で遊んでいて、誰よりも共有した時間も長く、今も一緒にいるっていう。

――そんな3人のなかで解散の“危機”はなかったんですか?
【高見沢】 それはないですね。3人とも“オレがオレが”ってタイプではないんですよ。そこが良かったのかもしれない。あと、全員次男坊なんです。兄貴がちゃんといて家を継いでくれているし、案外甘やかされて育っているっていう。特に僕の場合、8つ離れているからほぼひとりっ子状態で、世界は自分中心に回っているような感じだった。だから、こんなことになっちゃったんですかね?

――自由だったと(笑)。
【高見沢】 僕だけ体育会系で、あとの2人は文科系っていうのもいいのかも。まぁバンドには運動部みたいな熱血漢はひとりいればいいのかもね。とにかく3人は、いい具合にバランスが取れている。そう考えると、バンドが長続きする秘訣は次男坊同士で作ることかもしれないね。

◆曲ができました、“誰が歌う?”ってなっても、誰も手を挙げない

――新説ですね。次男坊バンドはエゴがぶつからず解散しない(笑)。
【高見沢】 僕らは、お互いに譲り合っちゃうしね。例えば、曲ができました、“誰が歌う?”ってなっても、誰も手を挙げない。だから、これは桜井の歌、これは坂崎、これは僕って決めるようになった。そうしないと決まらないから。でも、それでも決まらないときはオーディションをします。全員が歌って誰がいいかなって多数決で決めるっていう、そんなこともありました。

――ツアーもそうですが、シングルが49作連続でベスト10入りという記録を更新。とても“ちょっとの努力”では成し得ないことですよね?
【高見沢】 毎回今でもシングルを発売するときは、期末テストを受けてるみたいですからね(笑)。この記録も長くやってきた証し。それこそ、一度も休まずにやってきて、ホントに良かったなって思ってますよ。

――ちなみに、休みたいと思ったことは?
【高見沢】 それなりに休んでますよ。でも、音楽漬けの人生を選び、音楽との付き合いを濃密にして、好きなことやっているんだから、休みたいとは今は思わない。しかも、40年たった今も情熱を持って迎えてくれるファンがいる。これはもう一番の財産ですよ。個人的にボクは、過去にどんなにすごいコンサートをやっていようと、“今”をちゃんとやっていないと意味がないと思っている。それには新曲を作って、シングルを出すことも大事だし、テレビのバラエティ出ることも、多少は必要なのかなと(笑)。

――そんなTHE ALFEEの今後は、どうなっていきますか?
【高見沢】 まず、少しでも長く続けていきたい。THE ALFEEのステージを。何年とはいえないけど、今は一応、古希(70歳)まではがんばりたいよね。定年ってものが僕らにはないから、自分たちのなかでの目安なり目標は、どれだけ多くコンサートができるか。それ以外だったら、僕でいうとギターの本数とか、40年経って520本ぐらいになったから、10年後は600本ぐらいになっているんじゃないかな。

(文:若松正子)



関連写真

  • Takamiy名義で新曲を発売したTHE ALFEEの高見沢俊彦(写真:草刈雅之)
  • シングル「誘惑の太陽」【初回限定盤】
  • シングル「誘惑の太陽」【通常盤A】

オリコントピックス