• ホーム
  • 芸能
  • 志村けん、伊藤蘭と37年ぶりコント共演 NHK『となりのシムラ』第2弾

志村けん、伊藤蘭と37年ぶりコント共演 NHK『となりのシムラ』第2弾

 タレントの志村けん(65)が主演するNHKのコント番組『となりのシムラ』の第2弾が8月17日(後10:00〜10:45)に放送される。「バカ殿」や「変なおじさん」といった持ちネタを封印。志村がどこにでもいそうな“普通”のおじさんに扮し、ちょっとした日常の勘違いや人生の機微をコントに仕立て上げ、大人をクスッと笑わせる。取材に応じた志村は「見りゃ、わかります。難しいことはやっていませんから」と自信をのぞかせた。

 スタジオセットは使わず、実際の病院や居酒屋、美容室など、オールロケ撮影を敢行。志村にとって“初めまして”や“お久しぶり”な俳優たちをキャスティングすることで生まれる化学反応も狙いの一つだ。

 志村は「NHKさんにとっても、僕にとっても新たな試みだよね。僕が初めましてでも、相手は僕のことを知っているから、すごく緊張していたり、『ファンです』と言われたり。普段お笑いをやらない方々と共演できて、こちらも緊張したけど楽しかった」とにっこり。

 今回は、西田敏行(67)、伊藤蘭(60)、ピエール瀧(48)、菊地凛子(34)、山本美月(23)、松岡茉優(20)、マキタスポーツ(45)らが出演。西田は27〜28年ぶり、伊藤は37年ぶり、ほかはいずれも初共演となる。

 中でも伊藤は国民的アイドルグループ・キャンディーズのメンバーとして、志村の所属するザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』にレギュラー出演。1978年にキャンディーズが解散するまで何度もコント共演していたが、今回初めて夫婦役を演じる。「蘭ちゃんがもう還暦かと感慨深かったけど、芝居を合わせながら昔の面影がありましたね」。

 「想像以上の出来」と太鼓判を押すのは、西田と共演したコント。病院のベッドが隣り合わせとなる入院患者同士で病気自慢する。「(ビート)たけしさんともよく話すんだけど、ベタな笑いが一番難しい。西田さんとのコントはある意味ベタで、面白いものになったと思います」と話していた。

 昨年12月に放送された『となりのシムラ』第1弾が、放送当日の未明(8月16日深夜=17日 前0:30〜)に再放送される。



関連写真

  • 『8時だョ!全員集合』以来の共演となる志村けんと元キャンディーズの伊藤蘭(C)NHK
  • 「バカ殿」「ヘンなおじさん」は封印し、普通のおじさんの悲哀をコントで表現。8月17日放送、NHK『となりのシムラ』(C)NHK
  • 西田敏行とガチンコで対峙。8月17日放送、NHK『となりのシムラ』(C)NHK

オリコントピックス