• ホーム
  • 芸能
  • トリンドル玲奈、JKからバスガイドまで 年齢不詳の活躍ぶり

トリンドル玲奈、JKからバスガイドまで 年齢不詳の活躍ぶり

 今月11日公開の映画『リアル鬼ごっこ』でセーラー服を着たJK=女子高生、NHK・BSプレミアムで5日にスタートした連続ドラマ『ある日、アヒルバス』(毎週日曜 後10:00)では都内周遊観光バス会社で働くバスガイド。年齢不詳の活躍を見せるのは、トリンドル玲奈(23)。「いろんな役をいただけて、うれしい」と素直に喜んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 『ある日、アヒルバス』では、2009年のデビュー以来、初めて黒髪にしたというだけで話題になった。母親は日本人、父親はオーストリア人だが、地毛は黒髪という。「お仕事を始めた時からずっと明るい髪色にしていましたので、素のトリンドル玲奈として、新たな気持ちでお芝居に臨むことができました」。

 同ドラマは、仕事も恋も一生懸命に生きてきたはずが、40歳にしてすべてを失い、なぜか観光バスの新人ガイドとして働くことになる主人公・浅倉葉月(藤原紀香)の、人生一発逆転を目指す奮闘記。

 トリンドルは、都内周遊観光バス会社「アヒルバス」のガイドとして採用された葉月ら新人を指導する先輩バスガイド・澤田希子を演じる。仲間内の人づきあいがほとんどなく無愛想だが、ガイドの腕は超一流という役どころだ。

 「クールを超えてドSなせりふも多く、しかも、相手が紀香さん! これまでにない挑戦になりました(笑)。バスガイド仲間から一目置かれる希子の存在感を出すために、やや低めの落ち着いたトーンで話すように、発声から役づくりをしていきました」。

 本物のバスガイドの仕事ぶりなども目の当たりにし、「バスに乗って、遠足に行ったことなどを思い出しました。私、小学校低学年のころは車酔いする子で、バスガイドさんにもお世話になりました」と恥ずかしそうに笑った。

 スカウトを受け、芸能プロダクションに所属し、2009年に広告モデルとしてデビュー。2012年にソフトバンクモバイルが展開する「白戸家」CMシリーズで、ハワイ(鳥取県東伯郡羽合町)からの留学生・鳥取タダとして緑入りのセーラー服を着て登場し、一躍脚光を浴びた。

 「ちょうど、あのCMの後からモデルの仕事と並行して、女優のお仕事もやらせていただくようになって、毎日いろんな人との出会いがあって、毎日起きる時間も寝る時間も違いますし、毎日が新しくて、とても楽しい」と充実した表情。

 女優の仕事を始めたばかりのころ、「もし家族のいる役をやるときは、父か母のどちらかが外国人じゃないと成り立たないんじゃないか、いただける役も限られてくるのではないか、と考えたこともありました」と打ち明ける。それも杞憂に過ぎなかったわけで、「これからも、いろんなキャラクターを演じていきたい」と意欲をみせる。

 12日放送の第2話より、新人ガイド研修が始まる。研修後の本試験に合格しなければ採用取り消しだと夏美(キムラ緑子)に言われ発奮する葉月。そんな葉月の前に教官の希子が立ちふさがる。

 「仕事なのでつらいことや大変なこともあると思いますが、バスガイドは本当に素敵なお仕事だと思いました。このドラマを観て、バスガイドになりたいと思う人が現れてくれたらうれしいですし、何より久しぶりに観光バスに乗ってお出かけしたくなると思います」。



関連写真

  • BSプレミアムのドラマ『ある日、アヒルバス』でバスガイドに扮するトリンドル玲奈(C)NHK
  • 地毛に近い黒髪が新鮮(C)NHK
  • ガイドの腕は超一流の澤田希子役を演じる(C)NHK
  • BSプレミアムのドラマ『ある日、アヒルバス』でバスガイドに扮するトリンドル玲奈(C)NHK

オリコントピックス