• ホーム
  • 芸能
  • 池上彰氏、櫻井翔のMCを絶賛 5年ぶり共演に「頼もしくなった」

池上彰氏、櫻井翔のMCを絶賛 5年ぶり共演に「頼もしくなった」

 人気アイドルグループ・櫻井翔とジャーナリストの池上彰氏が12日、8月4日に放送される日本テレビ系『戦後70年特別番組 櫻井翔&池上彰 教科書で学べない戦争』(後9:00)の収録後に報道陣の取材に応じた。

 MCを務める櫻井は「池上さんに何を質問しても(答えが)返ってくる。後ろにいてくれてこんなに頼もしい人はいない」と尊敬の眼差しを向けると、池上氏も「お言葉を返すようだけど。5年前はあんなに初々しくて、かわいかったのに、MCとして皆さんを回して本当に頼もしくなった」と絶賛で返した。

 番組では、戦争を知る人がゼロとなる日が確実に近づく今、知っておくべき70年前の戦争を二人がわかりやすく解説するほか、櫻井は取材を通して知った、最前線で戦い続けた若者たちが経験した過酷な現実を伝える。

 櫻井は、スタジオを飛び出して“パイロットの墓場”と言われた激戦地・パプアニューギニアのラバウルへの取材も敢行。亡き祖父が地方紙の記者として現地に取材に行っていたということもあり「地方紙で取材していた祖父の孫が、全国でいま伝えられるのは、若干の使命感がある」と言葉に力を込める。

 また、戦後70年を迎え戦争を語れる人が減っていく現状には「僕らの世代は、戦争を経験した人との間に入れるギリギリ世代だと思う」と語り「いまから産まれてくる0歳の子では、直線話を聞けないかもしれない。生の声を聞くことが、僕らの世代の責任」と若い世代としての役割を熱弁した。

 実際に出撃した元特攻隊員にもインタビューした櫻井は「特攻隊は、本当に志願だったのか?」という疑問をぶつけ、池上氏も日本のテレビメディアとして初めて、今も核の維持・管理のために核物質の性能実験を行っているアメリカの世界最先端の施設を取材。アメリカで最初に核実験が行われた実験場にも向かい、70年前の痕跡を目の当たりにする。

 池上氏は「自分が知っている(戦争の)話がみんな知らないことに軽いショックを受けた」と語り「若い世代に知ってもらい、実感してもらうことが大切」と若い世代に戦争を伝えることを誓っていた。



オリコントピックス