• ホーム
  • 映画
  • 哀川翔、手塩にかけたカブトムシ200匹大盤振る舞い

哀川翔、手塩にかけたカブトムシ200匹大盤振る舞い

 芸能界屈指の“ムシキング”として知られる俳優の哀川翔が11日、3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』の初日公開を記念して自ら飼育したカブトムシ200匹を来場者プレゼントとして無償提供した。昨今、さまざまな映画館の来場者特典が配られているが、生き物がプレゼントされるのは初の珍事。子どもを中心に希望者100人につがいを贈る大盤振る舞いとなった。

【写真】その他の写真を見る


 カブトムシ飼育歴14年、毎年自宅と茨城にある飼育所で5000匹を羽化させている哀川は、今年は世界最長88.0ミリの飼育に成功。この日哀川自体の登場はなかったが、ビデオメッセージを寄せて「このカブトムシを大切に育ててぜひ、ギネス級のカブトムシを誕生させてくれるとうれしいですね。みんなやりましょう。よろしく!」と呼びかけていた。

 同作は、いまだに多くの謎に包まれている昆虫の生態=真実を、世界唯一の特殊カメラ“アリの目カメラ”で映し出すドキュメンタリー。

 舞台あいさつには、ボイスキャストを務めたDAIGO吉田羊、昆虫写真家の栗林慧総監督、鴨下潔監督が出席。哀川が飼育したカブトムシが登場して写真撮影を行ったが、DAIGOが持っていたカブトムシは撮影前に飛んでいってしまい、会場内で行方不明に。思わぬハプニングに苦笑していたが「どんな動きするかわからないなかで撮影した監督、改めてリスペクトです」と映画のPRにつなげていた。



関連写真

  • カブトムシ200匹を大盤振る舞い!VTRでコメントを寄せた哀川翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』初日舞台あいさつに登場した吉田羊(左)とDAIGO (C)ORICON NewS inc.
  • 3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』初日舞台あいさつに登場したDAIGO (C)ORICON NewS inc.
  • 3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』初日舞台あいさつに登場した吉田羊

オリコントピックス