• ホーム
  • 映画
  • 『ちびまる子ちゃん』23年ぶり映画化 脚本は原作者さくらももこ氏

『ちびまる子ちゃん』23年ぶり映画化 脚本は原作者さくらももこ氏

 フジテレビで放送中の人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)が、テレビ放送25周年を記念して映画化されることが10日、わかった。同作の映画化は1992年12月に公開された『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』以来、23年ぶりで、脚本は原作者のさくらももこ氏が担当する。

 同作は、累計発行部数3200万部(今年7月現在)、テレビ放送回数は1100回を超え、テレビアニメ視聴率歴代1位の39.9%(ビデオリサーチ調べ)の記録を持つ、まさに国民的アニメ。現在も『サザエさん』とともに日曜日の夕方の代名詞として、日本中の家庭に笑顔を届けているまる子たちが、久しぶりにスクリーンに帰ってくる。

 普段は主人公・まる子の身近なエピソードが中心だが、映画ではスケールアップし、地元の静岡・清水市を飛び出して、作品史上初めて大阪・京都への旅行を描く。過去の映画作品でも脚本を担当してきたさくら氏は「心を込めて脚本を書きました。笑いあり、涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 さくら氏は「心を込めて脚本を書きました。笑いあり、涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 『映画ちびまる子ちゃん』は12月23日公開予定。



オリコントピックス