• ホーム
  • 映画
  • ディズニー/ピクサーとマーベルの主人公たちが共演

ディズニー/ピクサーとマーベルの主人公たちが共演

 ディズニー/ピクサーによる長編アニメーション20周年記念作品『インサイド・ヘッド』(7月18日公開)と、4日より公開中のマーベルコミックスのヒーローが活躍するアクション巨編『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を混ぜ合わせた(マッシュアップ)特別映像が公開された。

 『インサイド・ヘッド』は、11歳の少女ライリーの中にある5つの感情たち――楽しい気分にする“ヨロコビ”、悲しい気分の時に現れる“カナシミ”、怒りを爆発させる“イカリ”、嫌いなものから守る“ムカムカ”、危険から身を守る“ビビリ”――を主人公に、無限に広がる“頭の中”で繰り広げられる冒険ファンタジー。

 今回の映像は、少女ライリーがノートパソコンで『アベンジャーズ〜』の予告編を見ているシーンからスタートする。ライリーを通して、頭の中の“感情たち”も同時に映像を見ており、アイアンマン、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカら“アベンジャーズ”が登場する迫力の予告編に、ライリーの中の5つの“感情たち”はどんなリアクションをしているのか…?

 どちらも本物の映像を使ったクオリティの高い“作品”となっている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス