• ホーム
  • 映画
  • シリーズ最新作『007 スペクター』予告編第2弾解禁

シリーズ最新作『007 スペクター』予告編第2弾解禁

 英俳優ダニエル・クレイグ主演、「007」シリーズ最新作『007 スペクター』(12月4日公開)の予告編映像第2弾が9日、公開された。クレイグがボンドガールに“壁ドン”し、「ボンド、ジェームズ・ボンド…」と甘くささやくお約束のシーンも収録されている。

 前半部分は既報の特報映像でも登場したボンドの少年期の秘密を暗示。後半では、クリストフ・ヴァルツ演じる悪役オーバーハウザーの「ジェームズ、よく来た。久しぶりだ」の声が終わるやいなや、ボンドによるアクションシーンが息つくひまなくたたみかける。

 オーストリア・ソルデンで撮影した雪山アクション、ローマ市街地を封鎖したアストンマーティンDB10VSジャガーC-X75の壮大なカーチェイス、オープニングの舞台となるメキシコのシーンでは何者かを追いかけるボンドの姿など。悪役Mr.ヒンクス(デイヴ・バウティスタ)が何者かを殴り飛ばす姿や、不安げな表情でこちらを見るQ(ベン・ウィショー)も登場する。

 今回のボンドガールは、“イタリアの宝石”ことモニカ・ベルッチと、カンヌ国際映画祭などでもその実力が高く評価されている、フランスの若手女優、レア・セドゥ。それぞれがボンドと情熱的に見つめ合っているシーンが登場し、ただならぬ余韻を残す。果たしてどちらが敵でどちらが味方になるのか? 壮大な物語を予感させる密度の濃い1分間が楽しめる。

SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス