• ホーム
  • 芸能
  • ナオト、“フェア”に4万人集客目指す「死に物狂いで」

ナオト、“フェア”に4万人集客目指す「死に物狂いで」

 歌手のナオト・インティライミが9日、都内で行われた『日本フェアプレイ大賞2015-2016』募集開始発表会に出席した。12月には大阪・京セラドームでのライブを控えるナオトだが「初心に帰って、4万人のキャパをズルすることなく埋めたい」と“フェア”宣言。「手売りもする覚悟で4万人の景色を見られるように、死に物狂いで頑張ります」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 40か国以上を旅してきた経験を持つナオトは「外から帰ってくると、日本には日常にフェアプレイがあふれてる」と力説。「ホームにぴたっと並ぶシーンは日本が一番。震災の時も泥棒や暴動がありがちななかで、そういうことも基本的にはなく、協力しながら逆境に立ち向かう。誇るべき精神を元から持っている」と豊富な海外経験から語っていた。

 日本体育協会は、スポーツを通じて育まれるフェアプレイが社会を元気にする人づくり、地域づくり、国づくりに貢献できると考え、世の中へのフェアプレイの浸透を目指すべく『フェアプレイで日本を元気に』キャンペーンを実施。今回、日常生活で体験、実践したスポーツに関わるフェアプレイエピソードを一般の人から募集し、優れたものを選出・表彰する。応募期間は10日から10月31日まで、大賞は2016年7月10日に発表。

 この日、フェアプレイ・アンバサダーとしてナオトはフェアプレイ応援ソング「Brave」を披露。同じくアンバサダーに就任した元マラソン選手の有森裕子も登壇した。

関連写真

  • 「日本にはフェアプレイがあふれてる」と力説したナオト・インティライミ (C)ORICON NewS inc.
  • フェアプレイ・アンバサダーに就任した(左から)有森裕子、ナオト・インティライミ (C)ORICON NewS inc.
  • フェアプレイ応援ソング「Brave」を披露したナオト・インティライミ (C)ORICON NewS inc.
  • 『日本フェアプレイ大賞2015-2016』募集開始発表会に出席した有森裕子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス