• ホーム
  • 音楽
  • 定額音楽配信は日本で定着するのか? ファンの本音に迫る

定額音楽配信は日本で定着するのか? ファンの本音に迫る

 米アップルの定額制音楽配信サービス『Apple Music』が、日本時間7月1日午前0時よりスタートした。さらにここ数ヶ月でLINEの「LINE MUSIC」、エイベックスとサイバーエージェントによる「AWA(アワ)」がスタートし、電通デジタルが「Spotify」への投資を発表するなど、日本で定額制の音楽ストリーミングサービスの動きが活発化している。いまだCDパッケージが主流の日本では“根付かない”と言われてきたが、果たしてApple Musicという“黒船”の上陸で状況は変わるのだろうか?

■50%強が【定着しない】と回答 若年層ほどその傾向高い

 海外ではすでにポピュラーとなっている音楽ストリーミングサービスだが、音楽配信サービスの活況によりCD市場が激減している海外とは違い、日本国内ではいまだCDが売れ続けていることもあって、長らく“根付かない”と言われてきた。しかし5月にスタートとした「AWA(アワ)」が好評であることや、もともと潜在的なユーザー数が多いと思われる「Apple Music」のスタートにより、その状況が大きく変わろうとしている。そこで、ORICON STYLEでは、10〜50代の男女を対象に「日本でも定額制の音楽ストリーミングサービスは定着すると思いますか?」というアンケート調査を実施。その結果、【定着する】が46.0%、【定着しない】が54.0%と、ほぼ半々となったものの【定着しない】が上回る結果となった。

 【定着する】というコメントで一番多かったのが、「手軽に聴けるから」(大阪府/40代/男性)など、利便性の高さ。スマートフォンで音楽を持ち歩く人が増えている時代、「若い人はCDを買わなくなっているし、ストリーミングは安くて便利だから」(東京都/30代/女性)、「若者には自然に受け入れられるのでは?」(東京都/40代/女性)と、若者からトレンドになっていくのではないか、という意見も多かった。しかし、実は若い世代になるにつれ【定着する】と回答した人が減少傾向にある。その理由として一番多かったのが、「楽曲のラインアップへの不安」「根強いCD文化が残っていること」の2点だ。「CDより安く簡単に購入でき、売上ランキングを音楽番組などで発表したりすることによって認知度が高まっていけば、日本でも定着する可能性はあるかもしれません」(埼玉県/30代/男性)と、“指標が必要”と考える人も。

 実際に【定着しない】と答えた人のコメントを見ていくと、「モノを持っている感覚が欲しい」(愛知県/10代/女性)、「日本人は外国人と違って収集癖があるからCDは買う」(香川県/40代/男性)、「サービス形態により今後定着する可能性はあるが、日本の音楽ファンはジャンルが突出している場合が多く、定額でのストリーミングサービスに魅力を感じにくいのでは」(東京都/30代/男性)など、好きなアーティストの作品はやはり“形として持っておきたい”と考える人が多いようだ。また、「スマホの通信量制限次第。現在のサービスではあっという間に実際に制限に引っかかる」(埼玉県/30代/男性)といった意見も。利便性は認めながらも、まだ課題が多いと考えている人が多いようだ。

■潜在的な音楽ファンの掘り起しにも期待

 【定着する】のコメントでは、30代を中心に“音楽好き”でありながら「すでに自分がCDを買わなくなっている」(千葉県/30代/女性)と答えた人が多かった。需要に合わせてCDや音楽を買わなくなった人にうまくアピールしていければ、音楽リスナーの掘り起こしにもつながるのではないだろうか。また、CD需要の高さという音楽ストリーミングサービスにとって一番大きな課題を挙げながらも、「かさばらないし、ミュージックプレイヤーにダウンロードしてそのまま聴けるので便利だと思う。ただ、すべてのプレイヤーで再生できるわけではないし、CDを手元に持っておきたいという人も多いので、CDもまだなくならないと思う」(女性/20代/女性)と、ゆくゆくはCDと音楽ストリーミングサービスが“共存”していくのでは? と考えている人も多かった。

 Apple Musicのスタートにより、大きな動きを見せている定額制の音楽ストリーミングサービスを巡る状況。すでにコアな音楽ファンのなかにはヘビーユーザーになっている人も多い。CDや現状の音楽配信とうまく共存し、それぞれの利点を活かして潜在的な音楽ファンの掘り起しを図ることができれば、音楽業界活性化の起爆剤となり得るのではないだろうか。

【調査概要】
調査時期:2015年6月23日(火)〜6月29日(月)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



タグ

オリコントピックス