• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46生駒・白石ら十福神『大河』初出演 生田「まさかのオファー」

乃木坂46生駒・白石ら十福神『大河』初出演 生田「まさかのオファー」

 アイドルグループ・乃木坂46生駒里奈白石麻衣ら“十福神”(フロントメンバー10人)が、井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演することがわかった。NHKが8日、発表した。

 出演するのは、生駒、白石、秋元真夏生田絵梨花桜井玲香高山一実西野七瀬橋本奈々未深川麻衣若月佑美の“十福神”。既に撮影を終え、生駒は「自分の人生で大河ドラマに出るという経験をさせていただいたことが本当にうれしいです」と大感激した。

 生田は「私たちにとって『大河』はほど遠いイメージだったので、まさかのオファーをいただけてうれしかったです」と信じられない様子。白石は「カツラをフィッティングしたときにようやく実感がわいてきました。親やおばあちゃんに自慢したいと思います」、橋本は「ものすごい俳優さん、女優さんと一瞬でも共演できて、とてもいい経験になりました」とそれぞれ感想を語った。

 乃木坂46が登場するのは19日放送の第29回。山口から萩へ城を移すため、女中たちのリストラを命じられた美和(井上)は、“大奥”で奔走。銀姫(田中麗奈)の協力も得て、ようやく萩へ到着したところに、美しい10人の女性たち(乃木坂46十福神)が新たに“大奥”に召し上げられる。彼女たちは、奥の女帝・都美姫(松坂慶子)から、ある重要な任務を受けていた――。



オリコントピックス