藤原紀香、熱愛質問を余裕でかわす

 女優の藤原紀香が8日、東京・シアター1010でミュージカル『南太平洋』舞台けいこ前に囲み会見に出席した。5月に歌舞伎俳優・片岡愛之助との熱愛報道のあった藤原に恋愛に絡めた質問が集中したものの、すべてかわして明言しなかった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、第二次世界大戦のさなか、南太平洋のとある島にある海軍基地を舞台に二組の恋模様を描く。農園主・エミール(別所哲也)と恋に落ちる看護婦・ネリーを演じた藤原は、リポーターから「恋をして輝いているように見えますが、いま恋をしていますか?」と質問されるも、「カンパニーのみんながそういった雰囲気を作ってくれるので、いまはエミールに恋しています」と余裕の受け答え。去り際に「それ以外に恋はしてませんか?」の追及には、笑顔を浮かべたまま応じずにその場を後にした。

 劇中ではエミールの過去を知って動揺するシーンもあるが、自身が男性の過去を気にするかどうか聞かれると「何十年も昔の時代ですから、肌の色や育った環境が違うと親から教えられたものは、子供の頃から残っているわけで。そういったものを覆して、一番大事なものを考えるというテーマもある」と回答。「お客さんがどんなメッセージを受け取ってもらえるか楽しみ」とほほ笑んだ。

 一方、別所は藤原について「輝いてますね。僕に恋しているから」とニヤリ。共演の太川陽介は「けいこ場でその気になりすぎてるもんね」と笑いを誘っていた。9日より同所で上演。



関連写真

  • 熱愛質問を余裕でかわした藤原紀香(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)別所哲也、藤原紀香、太川陽介(C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『南太平洋』舞台けいこ前に囲み会見に出席した太川陽介(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス