• ホーム
  • 芸能
  • 小泉孝太郎、主演ドラマで台湾ロケ敢行 「説得力」に自信

小泉孝太郎、主演ドラマで台湾ロケ敢行 「説得力」に自信

 俳優の小泉孝太郎が7月上旬、WOWOWの主演ドラマ『連続ドラマW 死の臓器』の撮影で台湾ロケを行っていたことがわかった。

 原作は麻野涼氏の同名小説で、患者を救うために必要とされる臓器移植をテーマに、現在の医療制度や倫理観を問いかける社会派医療サスペンス。小泉は、富士の樹海で腎臓が摘出された女性の遺体を発見したことをきっかけに、臓器売買の闇に迫っていくテレビ番組制作会社のディレクター・沼崎恭太を演じる。

 事件の背後にある真実を追究するべく奔走していた沼崎は、やがて臓器移植ブローカーを務める日本人の存在を知ることとなり、その実態を調べるため、台湾に向かう。物語の展開上、大きなポイントを占めることから、台湾ロケが敢行された。

 路線バスやバイクなどの往来も激しく、台湾ならではのエネルギッシュな風景が広がる台湾一の繁華街・西門町。台湾の五ツ星ホテル「富信大飯店」、鮮やかなネオンサインがきらめく台北のナイトスポット・林森北路、そして異国情緒あふれる屋台街など、台湾ならではの景色の中で撮影は行われた。

 初めて台湾を訪れたという小泉は「台湾の蒸し暑さは想像以上。空港を降りた時はビックリしました」といい、初日から35度を超える猛暑の中での撮影となったが「台湾の街中を歩いていると、台湾でしか感じられない空気を感じます。撮影された画も、やはりここでしか撮影できないものであり、説得力があります」と手応え。台湾ロケを経て「作品の重みも違ってきたように思います。ハラハラドキドキするようなこの作品のテイストをぜひとも楽しみにしていただきたいですね」と自信を深めていた。

 台湾編から新キャストとして登場するのは、台湾で臓器移植のブローカーをやっていると見られる謎の男・船橋甫を演じる川野直輝。「船橋という役は演じていて、非常に面白いキャラクターです。彼の行動の是非はともかく、その主張は間違っていないと思うし、行動力に共感する人も少なからずいるんじゃないかと思っています。そのあたりをぜひ観てもらいたい」とアピールした。

 同ドラマは、WOWOWプライムで7月12日スタート(毎週日曜 後10:00 全5話※第1話無料放送)。小泉のほか、武田鉄矢、豊原功補、小西真奈美らが出演。演出は、映画『キサラギ』『ストロベリーナイト』などで知られる佐藤祐市監督が手がけている。



関連写真

  • WOWOWで7月12日スタート『連続ドラマW 死の臓器』台湾ロケを行った小泉孝太郎(右)と川野直輝(左)(C)WOWOW
  • 刑事の白井(豊原功補)に台湾に来たことを電話で告げ、雑踏の中を歩いていくシーン(C)WOWOW
  • 佐藤祐市監督(中央)を交えたオフショット(C)WOWOW

オリコントピックス