• ホーム
  • 映画
  • 『アベンジャーズ』が首位 『ラブライブ!』V4逃す

『アベンジャーズ』が首位 『ラブライブ!』V4逃す

 アメコミヒーローが大集合する映画シリーズ最新作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が4日に公開され、土日2日間に動員50万5521人、興行収入7億9390万8800円をあげ、3週連続興収1位の劇場版『ラブライブ!』を抑え、初登場1位のヒットスタートを切った。

  同作は、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなどマーベルコミックスのヒーローが一堂に会するアクション巨編の第2弾。アイアンマンことトニー・スタークが完成させた人工知能“ウルトロン”の暴走に端を発する、ヒーローたちによる愛する者たちを救うための戦いを描く。

 公開初日は、日付変更線を越えた24時台から熱狂的な“アベンジャーズ”ファンが押しかけ、各劇場では早朝から熱狂的なファンから親子連れ、カップルが来場。下は小学生から中高年層まで幅広い客層が鑑賞に訪れたようで、40代以上の映画ファンだけでなく、20代の女性同士の来場も多く見受けられ、このようなジャンルの作品では珍しく女性客が目立つ興行となっている。

 2位にランクインし根強い人気を見せた『ラブライブ!』は、7月6日時点で動員数は102万6068人、14億8485万7000円となった。



オリコントピックス