• ホーム
  • 芸能
  • 福士蒼汰、“壁ドン”封印で「新しい自分を発見中」

福士蒼汰、“壁ドン”封印で「新しい自分を発見中」

 俳優の福士蒼汰本田翼らが6日、都内でフジテレビ系“月9”ドラマ『恋仲』(20日スタート、毎週月曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。福士は「いままで、壁ドンとかいろいろしてきましたが、今回はしないので…」と、はにかみながらあいさつ。今作では、“ヒーロー”でも“王子”でもない、気弱で優柔不断で、仕事も恋も中途半端な青年を演じており、「情けない男の役が楽しくて、こんな自分もいるんだ、という新しい発見があって、挑戦しがいがある」と充実した表情を見せていた。

【写真】その他の写真を見る


 タイトルの“恋仲”とは、「恋い慕っているけど、付き合ってない」、「友達より近いけど、恋人じゃない」、「いつも一緒にいるけど、付き合っているわけじゃない」、「好きだけど、告白しない」といった繊細な関係のふたりを表わす言葉。

 本田は「造語だと思ったんですが、きちんと辞書に載っていると聞いて、びっくりしました」と素直に反応。一方、福士が演じる三浦葵が務める建築事務所の女社長・丹羽万里子役で出演する吉田羊は「結ばれないけど想い合っている感じが奥ゆかしくて、それに『恋仲』という言葉を当てるあたり、日本人らしい美意識だなと考えていたのですが、プロデューサーが『流行語にしたい』と言っていたので、私の中で、『恋仲』は流行語です」と制作陣の思惑を暴露して笑いを誘っていた。

 福士は「恋仲の時が一番楽しい時期なんじゃないかな。なんかキュンキュンする感じがする。はっきりしないことが居心地よかったり、もどかしかったり。楽しさもあり、切なさもある青春のような甘酸っぱい言葉だと思う」と話していた。

 同ドラマは、主人公・三浦葵と、もう一人の“アオイ”蒼井翔太(野村周平)のどちらかが、ヒロイン・芹沢あかり(本田)と結婚するまでの物語。本田は「実はまだ台本上でも決まっていなくて」と、どっちつかずの状態で撮影が進んでいることを明かした。「私自身は福士君演じる葵…かな。情けないけど、頑張って自分を変えようとしている姿に感動したので、ハッピーエンドになるといいな」と“葵”派を宣言。

 ヒロインの支持を受けて、福士は「これが月9だ、こんなドラマ待ってましたと言われるようなラブストーリーにしたいと思っています。若者が恋愛や仕事を通して成長していく姿を見守って、共感して、憧れてほしい」と力強く、作品をアピールしていた。

 会見にはほかに永井大太賀馬場園梓が出席した。



関連写真

  • ドラマ『恋仲』に出演する(左から)福士蒼汰、本田翼 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)太賀、吉田羊、福士蒼汰、本田翼、永井大、馬場園梓 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した本田翼 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席したアジアン・馬場園梓 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『恋仲』の制作発表会見に出席した(左から)太賀、吉田羊、福士蒼汰、本田翼、永井大、馬場園梓 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス