デビュー30年のTUBE、通算ライブ1000本達成

 先月1日にデビュー30年を迎えた4人組バンド・TUBEが5日、仙台・東京エレクトロンホール宮城でライブを行い、通算1000本目を達成した。プレミアチケット化されたこの日のライブには、全国から約1600人のファンが集結。ボーカルの前田亘輝は「30年変わらずバンドを愛し続けてくれてありがとうございます。1日でも長くみなさんとライブの時間を過ごせることを楽しみにしています」と感謝とともに、未来を見据えた。

【写真】その他の写真を見る


 1985年6月1日に「ベストセラー・サマー」でデビュー。いきなりヒットを飛ばしたが、地道なイベントなどのライブ出演を重ね、初めてのワンマンライブを開催したのはデビューから約半年後の11月24日、会場は逗子マリーナだった。200人程度のキャパシティにも関わらず400人ものファンが集まり大成功を収めた。そのファーストライブ以降、TUBEは30年欠かすことなく毎年全国ツアーを開催してきた。

 今年もニューアルバム『Your TUBE+My TUBE』(6月17日発売)を引っさげ、全国ツアーに出た。デビュー30年の記念イヤーということもあって、セットリストには「SUMMER DREAM」「夏を抱きしめて」など日本の夏を彩ってきた数々のヒット曲が並ぶ。

 この日は、15組のアーティストが楽曲提供した最新アルバムから、玉置浩二が楽曲提供した「スコール」を初披露し、「デビュー30年のお祝いに音楽の神様からのギフトだと思う」と楽曲提供してくれたアーティストにも感謝。TAK MATSUMOTO(B’z)作詞&TAKURO(GLAY)作曲の「LOVE BEACH」、“冬の女王”広瀬香美が“夏の貴公子”TUBEに送った「おかげサマー」、怒髪天のメンバーが作詞作曲した「夏番長」など全21曲で熱いステージを繰り広げ、ファンを魅了した。

 ダブルアンコールではライブ1000本目を祝したTUBEへのケーキと、あす6日に50歳の誕生日を迎えるベースの角野秀行への誕生日ケーキがステージ上に運び込まれ、メンバーとファンが「ハッピーバースデートゥーユー」を大合唱して気持ちを一つにした。

 全国ツアーは18日の東京国際フォーラム(ホールA)のライブで前半戦が終了。25年連続開催の野外スタジアムでのライブ(8月22日:横浜スタジアム、9月23日:阪神甲子園球場)を挟んで、ツアーは12月まで続く予定。30年間の感謝の気持ちを半年かけて全国のファンのもとへ届けに行く。



関連写真

  • デビュー30年目のメモリアルイヤーに仙(セン)台で通算1000(セン)本目のライブを達成したTUBE
  • 全21曲を披露しファンを魅了
  • プレミアチケットを手にした約1600人のファンが宮城に全国から集まった
  • デビュー30年目のメモリアルイヤーに仙(セン)台で通算1000(セン)本目のライブを達成したTUBE
  • 1985年6月1日に「ベストセラー・サマー」でデビューして30年を迎えたTUBE
  • 『Your TUBE+My TUBE』初回生産限定盤A
  • 『Your TUBE+My TUBE』初回盤B
  • 『Your TUBE+My TUBE』通常盤
  • 初のオールタイムベストアルバム『BEST of TUBEst〜All Time Best〜』初回盤(7月15日発売)
  • 初のオールタイムベストアルバム『BEST of TUBEst〜All Time Best〜』通常盤(7月15日発売)

オリコントピックス