• ホーム
  • 芸能
  • 日本刀がブーム 文化放送・八木菜緒アナ、“刀男子”コスプレを披露

日本刀がブーム 文化放送・八木菜緒アナ、“刀男子”コスプレを披露

 文化放送のアニメ&ゲーム専門WEBラジオ「超!A&G+」で、『本気(マジ)!アニラブ』(月〜金 後5:00)の木曜パーソナリティーや『放課後ライブ!姫イド隊』(隔週土曜 後1:00)などの番組を担当する同局の八木菜緒アナウンサーが、日本刀の似合う男装コスプレに挑み、その写真が公開された。

【写真】その他の写真を見る


 衣装は八木アナの手作り。平安貴族が狩りをするときに着た狩衣(かりぎぬ)を再現。通常なら1ヶ月の製作期間が必要なところ、睡眠時間を削り、すべての予定をキャンセルし、わずか10日間で完成させたという。ブルーの髪にブルーのカラーコンタクトを合わせ、イケメンになりきった。

 八木アナは6月30日、『福井謙二 グッモニ』(月〜金 前7:00〜9:00)で「刀剣男子や刀男子にキュンキュンする女子続出!刀に恋する女子!」を特集した際に、このコスプレ姿で出演。最近の日本刀ブームについて解説した。

 ブームの火付け役は、DMMゲームズとニトロプラスが共同製作した、オンラインゲーム『刀剣乱舞(とうけんらんぶ)』と言われている。日本刀を“擬人化”したPCゲームで、今年1月にサービスを開始すると女性を中心に大ヒット。登場キャラクターはアイドル並みの人気で、ブームはゲームだけにとどまらず、日本刀そのものにも波及した。

 「全国各地の日本刀にまつわる場所に足を運ぶ女性が増えたり、ゲームを意識した展示を企画する博物館や美術館が増えたり、日本刀関連の書籍の増刷や発行も相次いでいます」と八木アナ。実物の刀を所蔵する博物館に女性ファンが押し寄せ、観光客の誘致や商品の販促に利用する例が増えているというのだ。

 6月には、男性が着流しや下着姿で刀を“持つ・構える・振る・斬る”ポーズを撮った写真集『刀男子』(リブレ出版)が出版された。この写真集をコスプレの参考にした八木アナは「この筋肉の動き、良くないですか? 男性って着物を着るとちょっと妖艶な感じになるんですけど、それがまた刀を持つと男らしさが加わって…胸キュンです」と魅力を語っている。



関連写真

  • 人気ゲーム『刀剣乱舞』の三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
  • 三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
  • 6月30日放送の文化放送『福井謙二 グッモニ』で最近の刀ブームを解説する八木アナウンサー
  • 三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
  • 三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
  • 三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
  • 三日月宗近のコスプレを披露した文化放送の八木菜緒アナウンサー
タグ

オリコントピックス