• ホーム
  • 映画
  • 斎藤工、鳥居みゆき暴走に動じず「今のはボケです」

斎藤工、鳥居みゆき暴走に動じず「今のはボケです」

 俳優の斎藤工とお笑い芸人の鳥居みゆきが4日、都内で行われた映画『虎影』(西村喜廣監督)の大ヒット舞台あいさつに出席した。いつもどおりの予測不能な動きと発言を繰り返した鳥居だったが、斎藤は一切動じずに終始冷静な対応で笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 同作はかつて“最強”と呼ばれた男・虎影(斎藤)が愛する者を守るため、命がけの財宝争奪バトルロワイヤルに巻き込まれていく忍者アクション。今回、映画初共演となる2人だが、冒頭から鳥居が「きょうは家から忍び足で来ました!」と暴走すると、すかさず斎藤が「今のはボケです」とツッコミ。鳥居は「この人が何でも処理してくれるの! この人すごいよ!」と対応力に感心した。

 さらに自由奔放な鳥居は突然、「妖怪壁ドン男!」「きょうは服着てるね!いつも追い剥ぎにやられたみたいになってる」と口撃。斎藤は「人のこと、いつも全裸みたいに言わないで」と切り返し、「最近壁ドンやってる?」との唐突な質問にも「やってないよ」と淡々と応じた。

 劇中でくのいちのリーダー格・夜馬を演じた鳥居は、主演の斎藤について「すごく気を遣ってくれた。よくクラスにいたじゃん。この子、なじめてないから仲間に入れてあげてみたいな…惨めでした」と毒気たっぷり。それでも斎藤は「西村組の鳥居さんを観てみたかった。夜馬というキャラクターは鳥居さんにしか演じられない」と称賛していた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 鳥居みゆき(左)の暴走にも終始冷静な対応をとって笑いを誘った斎藤工(右)(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)西村喜廣監督、鳥居みゆき、斎藤工(C)ORICON NewS inc.
  • 『虎影』大ヒット舞台あいさつに出席した斎藤工(C)ORICON NewS inc.
  • 『虎影』大ヒット舞台あいさつに出席した鳥居みゆき(C)ORICON NewS inc.
  • 『虎影』大ヒット舞台あいさつに出席した(左から)鳥居みゆき、斎藤工(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス