• ホーム
  • 映画
  • 佐藤二朗、ディズニー作品に恐縮 吹き替え挑戦に「中年オヤジでいいのかと…」

佐藤二朗、ディズニー作品に恐縮 吹き替え挑戦に「中年オヤジでいいのかと…」

 俳優の佐藤二朗(46)が3日、都内で行われた映画『インサイド・ヘッド』(18日公開)のティーチインイベントに出席した。今回、アニメーションの吹き替えに初挑戦した佐藤は「声優自体が初めて。ディズニー/ピクサーの作品は毎回、クオリティが高く澄んだ心のイメージがあったのでこんな薄汚れた、くたびれた中年オヤジでいいのかと思いました」と恐縮しつつ「刺激的な経験になりました」と充実の表情をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は11歳の少女・ライリーの頭の中の5つの感情たちが巻き起こす大冒険を描いたファンタジー作品。佐藤はライリーの空想上の友達“ビンボン”として物語の鍵を握る重要な役どころを担当した。劇中では歌のシーンにも臨んだが「800回位歌ったという印象です」と冗談めかし「オタマジャクシ(音符)とかよくわからないので、半音違うと言われてもわからない。とにかく100回歌えばわかるだろうと…」と苦戦した様子。「血がにじみました」と笑わせた。

 普段の俳優業ではひとくせあるような独特な役柄が多い佐藤だが、演じるにあたって「笑いたい時に裏もなく笑って、泣きたい時に泣く。感情の振り幅を100倍、200倍にして純真な童心にかえることを心がけました」。自身も3歳になる息子がいることから完成作を観て「完全に子どものことを思い出して号泣しちゃいました。おえつです」と照れながら明かしていた。



関連写真

  • ディズニー/ピクサー作品の吹き替えに恐縮した佐藤二朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 歌唱シーンでの苦労などを語った (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インサイド・ヘッド』のティーチインイベントに出席した佐藤二朗 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス