• ホーム
  • 音楽
  • 『NARUTO -ナルト-』作者・岸本斉史氏、高嶋ちさ子にジャケット画を提供

『NARUTO -ナルト-』作者・岸本斉史氏、高嶋ちさ子にジャケット画を提供

 人気漫画『NARUTO -ナルト-』の作者として知られる漫画家の岸本斉史氏が描き下ろした、ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子のニューアルバム『Strings on Fire』(7月1日発売)のジャケット画が公開された。岸本氏は自身の作品以外で初めて描き下ろしイラストを提供した。

【写真】その他の写真を見る


 岸本氏と高嶋は、互いに子どもをとおして親交があり、高嶋の熱烈なオファーを岸本氏が快諾。また、同アルバムには、高嶋の次男(6)がチェロを演奏し、親子共演したオリジナル曲「いつか二人で」も収録されていることから、岸本氏は「御子息との共演、おめでとうございます! 『成長』『目標』をテーマに、僕なりにジャケット・イラストを描かせていただきました。演奏の優しさ、力強さも表現できたかな…と(自分では)思っています!」とコメントを寄せている。

 イラストは、岸本氏原作のアニメ映画『BORUTO−NARUTO THE MOVIE−』(8月7日公開)のテーマにも重なるような、息子への愛情、親子の絆を感じさせる優しい二人の演奏風景を、やわらかく繊細な美しいタッチで表現している。

 同アルバムには、12人のヴァイオリニストと演奏する「主よ人の望みの喜びよ」、今野均、伊賀拓郎らを中心とするピアノクインテット・男組と組んだ「交響曲第9番 歓喜の歌」やモーツァルト「交響曲第40番」など、オリジナル3曲に、クラシックのスタンダードナンバー9曲の全12曲を収録。



関連写真

  • 『NARUTO‐ナルト‐』の漫画家・岸本斉史氏が描き下ろしたヴァイオリニスト・高嶋ちさ子のニューアルバム『Strings on Fire』のジャケット画
  • 高嶋ちさ子のニューアルバム『Strings on Fire』通常ジャケット写真
  • ヴァイオリニストの高嶋ちさ子

オリコントピックス