サッカー香川真司、初の皇居ラン満喫「新鮮でした」

 サッカー日本代表の香川真司選手(独・ドルトムント)が1日、東京・千代田区のadidas RUNBASE Tokyoに来場。ファンら約30人とともに人生初の皇居ランを体験し、「久しぶりに外の道路沿いを走って気持ちよかった。普段はグラウンドを走っているので新鮮でしたね」と1周約5キロのランニングを満喫していた。

【写真】その他の写真を見る


 日本代表の人気選手が夜の皇居に突然姿を見せると、一般ランナーや通行人は一様に驚きの表情。ランニング中には、参加者の質問に気さくに応じ、束の間の交流を堪能。走り終えた参加者たちがウェアに汗をにじませるなか、香川選手は終始涼しい表情で「またプライベートでも挑戦したい」と笑顔を見せた。

 当日は、同じくサッカー日本代表の槙野智章選手(浦和レッズ)も登場し、同店の一日店長を務めた。“営業”を終えて「短い時間の中で、ウェアなどを売ることができた」と得意気に語り、「僕も皇居の周りをプライベートで走ってみたい」と声を弾ませていた。



関連写真

  • 初の皇居ランを満喫した香川真司(左)と一日店長を務めた槙野智章選手(右) (C)ORICON NewS inc.
  • adidas RUNBASE Tokyoでの皇居ラン前の模様
  • 初の皇居ランを満喫した香川真司(左)と一日店長を務めた槙野智章選手(右) (C)ORICON NewS inc.
  • adidas RUNBASE Tokyoでの皇居ランの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 初の皇居ランを満喫した香川真司(左)と一日店長を務めた槙野智章選手(右)
  • adidas RUNBASE Tokyoで1日店長を務めた槙野智章選手
  • adidas RUNBASE Tokyoで1日店長を務めた槙野智章選手
  • adidas RUNBASE Tokyoで1日店長を務めた槙野智章選手
  • adidas RUNBASE Tokyoにて

オリコントピックス