• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志&陣内智則の“ランチ会”を番組化 “下がり”芸人にチャンスを

松本人志&陣内智則の“ランチ会”を番組化 “下がり”芸人にチャンスを

 お笑い芸人の松本人志(ダウンタウン)と陣内智則が、プライベートで続けてきた“ランチ会”がフジテレビで単発番組化されることになった。そのランチ会とは、松本が会ったことのない芸人を陣内が紹介するというもの。それも、生活や家族のために芸人を辞めようと考えている人たちばかりだったという。番組は、『下がり上がり』のタイトルで、悩める芸人たちをゲストに迎え、松本と陣内が彼らの悩みや人生に真正面から真摯(しんし)に向き合う“芸人ドキュメンタリー”に仕上げる。放送は、3日深夜0時55分より1時間枠。

【写真】その他の写真を見る


 同局の中嶋優一チーフプロデューサーは、「1年くらい前から続けられている松本さんと陣内さんの“ランチ会”のお話を、松本さんから伺い、芸人さんそれぞれに、切なくも面白い話があることを知り、この番組の企画を立ち上げました」と経緯を説明。番組タイトルには「いまは“下がっている”状態かもしれませんが、この先、“上がってほしい”という思いを込め」たという。番組きっかけで「いろんな芸人さんを紹介させていただき、“上がって”いっていただけたらうれしい」と展望を語っている。

 今回のゲストは、プー&ムー(おたこぷー、おさむ)、トータルテンボス(大村朋宏、藤田憲右)の2組。プー&ムーは、芸歴23年のベテラン。ボケ担当のおたこぷーが、その独特な動きから繰り出す「おたこぷー体操」で、福岡を中心に絶大な人気を誇り、2006年に東京進出。いくつかのバラエティー番組に出演を果たしたものの、現在ではテレビ出演から遠ざかっている。

 トータルテンボスも、芸歴18年のベテラン。07年に出場した『M-1グランプリ』では2位、『爆笑オンエアバトル』では史上初の3連覇を果たすなどの実績があるものの、最近では東京のテレビ番組への出演が激減している。

 プー&ムーのツッコミ担当・おさむから「今年結果が出なかったら、家族のために芸人を辞めようと思っている」という発言が飛び出すなど、2組の悩みは切実でひっ迫しており、松本も真剣に対応。自分自身の経験を交えた意見も述べていく。番組ではゲストの2組に客前で漫才を披露&テレビ放送のチャンスも与える。浮上のきっかけをつかむことはできるのか。



関連写真

  • 松本人志(右)と陣内智則(左)が芸人たちの悩みに真摯(しんし)に向き合う芸人ドキュメンタリー『下がり上がり』7月3日放送
  • プー&ムー
  • トータルテンボス
  • 松本人志(右)と陣内智則(左)が芸人たちの悩みに真摯(しんし)に向き合う芸人ドキュメンタリー『下がり上がり』7月3日放送
  • 松本人志と陣内智則が芸人たちの悩みに真摯(しんし)に向き合う芸人ドキュメンタリー『下がり上がり』7月3日放送
  • 松本人志と陣内智則が芸人たちの悩みに真摯(しんし)に向き合う芸人ドキュメンタリー『下がり上がり』7月3日放送

オリコントピックス