ゆず、新曲MVは“2025年の渋谷”で空撮

 日本生命のCMに起用された人気デュオ・ゆずの配信限定シングル「かける」のミュージックビデオが2日、ゆずのYouTube公式チャンネルで公開された。

【写真】その他の写真を見る


 舞台は2025年の東京・渋谷。東京五輪を機に街の看板や標識から文字が消え、数字と記号だけで表されるデータ化された管理社会。人々は同じ格好をし、無表情のまま日々を過ごしているが、文字が書かれた本やDVDを密かに仲間と共有する「runner(逃亡者)」がいる、というストーリー。

 “近未来の東京”を表現すべく、ロケ場所探しは一時難航するも、渋谷・円山町の建物屋上に決定。無人航空機ドローンから壮大なスケールで映し出されたゆずが、ストーリーを後押しするように力強く歌い上げる。

 主要人物の少女A役で女優の杉咲花が出演。混沌とした世界で希望を胸に抱き、強く前を向く少女を演じている。

 同曲は北川悠仁が作詞・作曲を担当。繰り返されるバイオリンフレーズが特徴で、ゆずにとっては「虹」(2009年)「with you」(12年)「ヒカレ」(14年)に続く日本生命とのタイアップ曲となる。

■YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=7fqGd8MTcDA



関連写真

  • ゆずの新曲「かける」MVは“2025年の渋谷”で空撮
  • ゆずの新曲「かける」ジャケット

オリコントピックス