• ホーム
  • 芸能
  • 北川景子“闘う女”なでしこジャパンに共感エール「この勢いで頑張って」

北川景子“闘う女”なでしこジャパンに共感エール「この勢いで頑張って」

 女優の北川景子川口春奈らが2日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ『探偵の探偵』(7月9日スタート、毎週木曜 後10:00)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。その直前、カナダで行われているサッカー女子ワールドカップ(W杯)で日本代表・なでしこジャパンがイングランドと準決勝を戦い、後半終了間際にイングランドのオウンゴールで2−1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めたビッグニュースを受けて北川は「最後までこの勢いで頑張っていただきたい」とエールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズの松岡圭祐氏が書き下ろした同名小説(講談社文庫)が原作。妹の死の原因を作った探偵の正体を探るため、悪徳探偵を追う探偵たちの死闘をハードボイルドに描いていく。

 自身初の探偵役でフルボッコにされたり、激しいアクションに体当たりで挑戦している北川は「私はこのドラマで探偵として闘っています。闘う女性、強い女性がいたっていいじゃないか、と思うんです。まさに、なでしこジャパンの選手たちはタフでかっこいい、憧れの存在。次はアメリカと決勝戦ということで、勝っていただきたい」と共感を語っていた。

 川口も「今朝、なでしこが勝ったと聞いてうれしかったですし、2連覇もかかっていますし、女性の強さがビシビシ伝わってきたので、彼女たち感化されながら、私も応援しています」と勇気をもらっていた。

 撮影が始まって2ヶ月以上が経ち、「手応えしか感じていない」と充実した表情を見せた北川。「長い説明せりふをスラスラ言ったり、劇中では一切笑わなかったり、アクションシーンも達成感や充実感でいっぱいなのですが、何よりも汚しのメイクが楽しい」と笑う。「普段は女優なので、髪の毛一本も乱れないようにしているのに、今回は自分から髪をかき乱したり、血のりを塗ったり、どんどんエスカレートしています。第4話で血だらけになるシーンが出てくるのですが、早くお見せしたい」とMっ気をのぞかせていた。

 舞台あいさつには、北川、川口のほかに、三浦貴大DEAN FUJIOKAユースケ・サンタマリア井浦新が出席。主題歌「Beautiful Chaser」を担当し、ドラマのPR大使を務める7人組“非”アイドルグループ・超特急もサプライズ登壇し、「8号車(超特急のファン)の皆さんも一緒にPRしていきましょう」と元気いっぱいアピールしていた。



関連写真

  • なでしこジャパンにエールをおくった北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 「私も応援しています」と語った川口春奈 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)DEAN FUJIOKA、井浦新、北川景子、川口春奈、三浦貴大、ユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席した(左から)北川景子、川口春奈 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席した北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席した三浦貴大 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席したDEAN FUJIOKA (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席したユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『探偵の探偵』完成披露試写会に出席した井浦新 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス