• ホーム
  • 芸能
  • 柚希礼音、「劣等感の塊だった」宝塚からブロードウェイへ 心境を語る

柚希礼音、「劣等感の塊だった」宝塚からブロードウェイへ 心境を語る

 5月10日に宝塚歌劇団を退団した元星組トップスター・柚希礼音の退団スペシャル番組が、WOWOWの宝塚情報番組『宝塚プルミエール』で25日(前11:45)に放送される。

 絶大な人気を誇ったトップスターの退団公演の千秋楽は、全国の映画館のほか、さいたまスーパーアリーナ、台湾でもライブ中継されたほど。番組では、その最後の一日をダイジェストで紹介する。また、退団後初のテレビ生出演となった『生中継!第69回トニー賞授賞式』(同局)の舞台裏にも密着。現在の心境を語ったインタビューと共に放送する。

 インタビューで柚希は「宝塚に入って、どんどん役はいただくのですが、それがいつも大きすぎて、どうしようと焦るばかりで、できない劣等感の塊でした。宝塚に入ったことを楽しめずにずっと歩いていました」と宝塚時代を振り返る。そんな中、『スカーレット・ピンパーネル』がターニングポイントになったといい、「演出の小池先生が作り方の根本から丁寧に教えてくださり、やらなきゃ!という焦る気持ちを、冷静に捉えることができました。それから、大変でしたが楽しめるようになり、舞台に立つ喜びを知りました」と話していた。

 今秋、米ニューヨーク/英ロンドンに先駆けて、日本で世界初演されるブロードウェイミュージカル界の巨匠、演出家ハロルド・プリンス氏の新作ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に、ただ一人の日本人キャストとして参加が決定している柚希。ラミン・カリムルーやナンシー・オペルなどブロードウェイの実力派メンバーとの共演を控え、「身が引き締まる思いです。宝塚時代とは、違うダンスが踊れるかなと思っております。男役でも女役でも、英語でも日本語でも、歌も表現もいろいろ変わってくるとは思いますが、最終的にはお客様に心が通じるようにできればと思います」と意気込んでいる。

■番組情報
7月25日 前11:45
『宝塚プルミエール』柚希礼音 退団スペシャル

7月25日 後12:45
『宝塚への招待』柚希礼音主演『BOLERO』‐ある愛‐



オリコントピックス