• ホーム
  • 芸能
  • 井ノ原快彦『24時間テレビ』SPドラマに出演 主演・山田涼介を“監督役”でサポート

井ノ原快彦『24時間テレビ』SPドラマに出演 主演・山田涼介を“監督役”でサポート

 V6井ノ原快彦が8月22日に放送される毎夏恒例『24時間テレビ38 愛は地球を救う』内でHey!Say!JUMP山田涼介が主演するスペシャルドラマ『母さん、俺は大丈夫』(後9:00頃)に出演することが1日、発表された。今年は初の2大メインパーソナリティーをV6とHey!Say!JUMPが務めるが、ドラマでは山田演じる病魔と戦うサッカー少年・佐々木諒平が所属するチームの監督・永田役として井ノ原がグループの垣根を超えた強力タッグを組む。

 同作は、清水久美子氏の著書『サッカーボーイズ 明日への絆 君のためならがんばれる』(カンゼン刊)を原案に諒平とその家族の物語を描く。高校サッカー部の副キャプテンとなった矢先に急性脳腫瘍を発病してしまう諒平はピッチに戻ることを信じて、運命の中でベストを尽くす。そんな姿に感化された部員たちは、地区予選で奇跡の勝利をあげようと奮起する。永田監督はクラブチームでプレイしていた諒平を見つけてサッカー推薦で高校に入学させたという重要な役どころとなる。

 今回、『にぃにのことを忘れないで』(2009年)『今日の日はさようなら』(2013年)に続く3度目の出演で初主演となる山田は「実話という役に対する想いというか、わからない病気だったりするので下調べから入っていきますし普通のドラマとは違う感覚です」と心境を告白。『勇気ということ』(1997年)ぶり2度目の出演の井ノ原は「現場の緊張感はすごくても向かうところはひとつでも、和気あいあいとしながらみんなで一緒にひとつのものをつくる想いは強いと思います」と力を込めた。

 井ノ原は「先輩・後輩ですけど、監督と生徒、チームメイトとして現場を盛り上げていきたい」と意気込み。山田は「井ノ原さんが出ると聞いてびっくり。井ノ原いい意味で緊張しないのでお父さんみたい。緊張せずに現場でも演じられるのでは」と撮影を心待ちにした。



オリコントピックス