ハジ→が声帯結節で手術 3週間休養

 仙台出身のシンガー・ソングライター、ハジ→が、声帯結節(ポリープ)のため、きょう30日に入院、あす7月1日に手術をすることが明らかになった。30日付の自身のブログで報告した。

 3月に全国8ヶ所を回ったツアーファイナル後、のどに違和感を感じ、同月27日に病院で診察を受けたところ、声帯結節があることが判明。当初既に予定されていた春ツアー(5月31日〜6月28日)を終えたことから、きょう入院、あす手術することが決まった。

 同ブログでハジ→は「そこまでひどい症状ではないため、今くらいの状態であれば、手術をせずに、ポリープとうまくつき合っていきながら音楽活動をされている方もたくさんいらっしゃいますよ、とのアドバイスもいただいたのですが、ライブやレコーディング、ハジ→の音楽活動における全てにおいて、100%のパフォーマンスを実現していきたい気持ち。そして今後の活動の拡大、アーティストとしての今後の進化、成長を考えると、僕はこのタイミングで手術をしておくべきだと判断致しました」と説明している。

 きょうから約3週間休養するハジ→は、7月24日に行われる『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』で復帰予定。同ライブ以降のイベントに関してはキャンセルせず「すべて出演いたしますので、皆様楽しみにお待ち下さいませ!」と呼びかけている。



オリコントピックス