• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』最新作、全国365館が上映に名乗り

『スター・ウォーズ』最新作、全国365館が上映に名乗り

 SF映画の金字塔、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の上映劇場が早々と発表された。正月休みにかかる時期、力の入ったメジャー級映画の公開が数多く予定されている中、全国365館を確保。劇場関係者から「今年はこの作品を楽しみに仕事を頑張っています!!」(福岡 ユナイテッド・シネマ久山/支配人/30代/女性)といった声が上がるほど、期待の大きさがうかがえる。

 上映館の一つ、東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇は、旧日劇から引き続き、これまでのシリーズ全作を上映している、いわば“聖地”。同館支配人は「1978年第1作目公開から37年。“スター・ウォーズ”の聖地=日劇にていよいよ最新作が公開! 迷う必要ありません!」(40代/男性)と歴史は継承される。

 10年ぶりの新作として注目を集める今作は、シリーズの新たなる3部作の第1作目。多くは未だ謎のベールに包まれているが、7月4日公開の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の上映劇場で『フォースの覚醒』の予告編(特報第2弾と同じ映像)の上映を開始予定。J.J.エイブラムス監督が日本のファンのためだけにメッセージを寄せており、期待感は一気に加速しそうだ。



関連写真

  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の上映劇場が決定
  • シリーズの最新作にして新たなる3部作の第1作目(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

オリコントピックス