• ホーム
  • 映画
  • 生田斗真、盟友・鈴木亮平の飛躍は「当たり前」 互いへのリスペクト明かす

生田斗真、盟友・鈴木亮平の飛躍は「当たり前」 互いへのリスペクト明かす

 俳優・生田斗真鈴木亮平が29日、都内で行われた映画『予告犯』大ヒット舞台あいさつに出席。これまで撮影から宣伝まで座長として引っ張ってきた主演の生田へ、鈴木をはじめ濱田岳、福山康平ら共演者と中村義洋監督が感謝のメッセージを送ると、「ゾワゾワするぅ〜!なにこれ〜!」と照れながら「僕が支えられているのに。なにもできない主役で申し訳ないですけど、こんな仲間たちに囲まれてありがたいです」と感激した。

【写真】その他の写真を見る


 生田とは7年ほど前にドラマ共演歴がある鈴木は「あまり褒めたくないんですけど」と前置きしつつも、「いつも斗真くんに勉強させてもらっている。『主役として引っ張っていこう』というのを見せないけど、すべての行動がそうだと気づいた」としみじみ。「斗真くんと会った時はすでに雲の上の存在だったけど、それまでの悔しい思いとか努力がたくさんあると思って、今でも努力を続ける斗真くんを年下なのに悔しいくらい尊敬している。安らかに…じゃなかった。お疲れ様でした」と茶目っ気たっぷりにねぎらった。

 一方、生田も仲間たち一人ひとりにメッセージを送る。「きょう上野動物園から連れてきたゴリラ」と鈴木を紹介して爆笑を起こすと「こんなに真面目でストイックな役者さんはいない。痩せなきゃいけないといえば死ぬんじゃないかというくらい痩せるし、太らなきゃいけないといえばゴリラみたいに太るし…」とイジりつつも盟友を絶賛。「鈴木亮平って最近ぐわ〜ってきてるけど、当たり前。仕事のために身を削れる、冗談じゃなく命をかけられるのは鈴木亮平だと思う。僕も同じくらい鈴木亮平のことを尊敬している」と熱い友情をみせていた。

 上映後の舞台あいさつでは、上映中から客席で映画を鑑賞していた5人がその場に立ち上がり、会場に黄色い悲鳴が巻き起こった。生田が「バレないかドキドキした。ここでバレちゃうのやばいなって」と振り返ると、鈴木は「トイレに行こうとしていたお客さんにバレてたよ」とツッコミを入れ、終始和やかな雰囲気に包まれていた。



関連写真

  • 生田斗真と互いへのリスペクト明かした鈴木亮平(C)ORICON NewS inc.
  • 客席から舞台あいさつを行った(左から)鈴木亮平、濱田岳、福山康平、中村義洋監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』大ヒット舞台あいさつに出席した中村義洋監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』大ヒット舞台あいさつに出席した濱田岳(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『予告犯』大ヒット舞台あいさつに出席した福山康平(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス